無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ザガロ受け短編
アロエ「こないに勃起してどうしたん?」

ザガロ「あっ、ああっ//////」

アロエはからかうようにザガロのペニスの亀頭を
人差し指で優しく突く。すると、ザガロは
女の子みたいな喘ぎ声を発する。

アロエ「ウチに見られて興奮したん?ちんちん
カッチカチやで?」

ザガロ「や、やだ、みるな、みるな!」

アロエ「そない可愛え顔されたらあかんわ、
余計にいじめたなるやろ!」

アロエは下を全て脱ぎ、胎内にザガロのペニスを
入れて、激しくナカで擦る。

ザガロ「あっ、あっ、ダメ、ダメ、そこぉ///
先っぽが強く刺激されてる、ヘンなのでちゃう!」

アロエ「いくらなんでも敏感すぎやろ、まだまだ
我慢せなあかんでー?気持ちいいからってすぐに
イクのはなしな?」

ザガロ「あん、やぁぁ、ぃぃぃ、あっあっあっ
あっ、ひっ、んん、んあぁぁぁぁぁぁ❗️」

ビュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ‼️

アロエの子宮に亀頭が強く何度も刺激され、
あっという間にザガロが果ててしまった。

アロエ「なんやなんや、もう出してしもうたん?
情け無いでホンマに?アカン子やなぁ❤️」

ズポッ

アロエはザガロのペニスを引き抜き、手で
しごきながらザガロにキスした。

ザガロ「あっあっあっあっ」

アロエ「仕置きせんとな❤️」


Fin

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

CYABASIRA
CYABASIRA
どうもCYABASIRAです!ゲームと漫画を読むことが大好きです!神々の幻想郷がメイン なのですが、遂に完全しました‼️ 最後まで本当にありがとうございました‼️ あ、ちなみに僕は腐男子です(笑)
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る