無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

見られていた
~キヨside〜
キヨ
キヨ
………
………
気まずい…


彼女でもない子のお父さんと同じ部屋で2人だけっておい…


あなた早く戻って来いよ…
清川くん…
キヨ
キヨ
はい…
あなたは普段どうかな?
元気にしているのかな…?
キヨ
キヨ
あ~…お宅にいた頃がどんなか分かりませんけど…元気ですよ、俺の友達ともすぐうちとけて…
そうか…妻ほどじゃないが…私もあなたを見にこれていなかったからねぇ…どうしてるのかと思って…少しほっとしたよ
いいお父さんじゃん


こんな人が…怖い…いや…


あなたが恐れてるのは…成美以外の兄妹の反応か…
何か気がかりなことでもあるのかい?
キヨ
キヨ
えっあっちょっと彼女…この日が来るまで兄妹からの反応気にしてて…今もそれだけが不安なんじゃないかと…
そうか…そればっかりは…会ってもらわないと分かんないからな…でも…みんな楽しみにしてる…それだけはあなたに分かってほしいな
ガチャ
(なまえ)
あなた
準備終わりました
………なぁあなた…
(なまえ)
あなた
なに?
お前が良ければなんだが…今日…
ピンポーンッ
(なまえ)
あなた
あっごめん出てくる
キヨ
キヨ
あ…
ガチャン
彼女追う俺の目を…ここで見られていたんだと思う


そもそも…娘の家に男がいたら…


そういう可能性は探るものだ
ガチャ
成美
成美
おぉ( 'o'  )!!!
パパもキヨもお早いですなぁ
成美…!本当にバッサリいったな…見違えたぞ
成美
成美
えっへへー♪
似合いますか?
うん似合うぞ、母さんもきっと驚く
成美
成美
それは楽しみ
キヨ
キヨ
服の趣味は戻したんだ…
成美
成美
うむ!おかしくないなら良かった
キヨ
キヨ
その方がしっくり来るよ
成美
成美
えへへアザースです
(なまえ)
あなた
なるちゃんはもう…すぐ行って大丈夫?
成美
成美
大丈夫~
じゃあ父さんエンジンかけて来るから、戸締りしておいで
(なまえ)
あなた
うん
私は窓を閉めて、持ち物を確認した


心臓が大きく脈打ち…汗が吹き出す


まだ…不安なのかな?
キヨ
キヨ
あなた…
(なまえ)
あなた
ん?なに?
キヨ
キヨ
この問題解決しても…あの…俺と…
(なまえ)
あなた
ん?
キヨ
キヨ
いや…なんでもない…
成美
成美
キーヨッ
キヨ
キヨ
ん?
成美
成美
お姉ちゃん今帰ることに集中したいんだから…後にしてあげて?
キヨ
キヨ
うん…
(なまえ)
あなた
ん??
成美
成美
お姉ちゃん行こ?
ほら早く
(なまえ)
あなた
うっうん
俺たちは家を出た


おっと…今度は忘れない
キヨ
キヨ
………
成美
成美
キヨにマスクついた
キヨ
キヨ
聞かなかったけど騒がれると困るから俺
成美
成美
パパ気づいてた?
キヨ
キヨ
全然そんな感じなかったけど…
まあYouTube見てない人だったら俺の事なんてねぇ


…って感じだし


ガチャン
(なまえ)
あなた
2人とも行くよー?
成美
成美
はーい
今度は逆…乗り込むのは俺が先だったけど…


でも俺が引いたけど….


今回は立場が違う


俺が安心させてやる
キヨ
キヨ
大丈夫?
(なまえ)
あなた
うん…
俺の手を掴む手は…まだ弱々しい気がした
成美
成美
あたし前乗るね
バンッとドアが音を立てて閉まる


3列シートのバン…ここからも大家族なのが伺える


マイクをしている俺を見て…


彼女のお父さんは気になるようだった
清川くん風邪かね?
キヨ
キヨ
あっいえ…
成美
成美
キヨ一部だと有名人だから騒がれると困るから…念の為
……あなた、そんなすごい友達どうやって作った
(なまえ)
あなた
えっと…
キヨ
キヨ
俺が助けてもらったことがあって…それで仲良くなりました
嘘は言ってない


友達…とまではいかないが


あの日…俺が怪我をして家に来たあの日から


俺たちはただのソフレではなくなったのだ
(なまえ)
あなた
それに彼の友達…大学の時のサークル
一緒だった子も居たの
そうか…世間は狭いな……時に清川くん、うち結構遠いが…帰りはどうお考えかな?
キヨ
キヨ
金も定期も持ってきてるんで…そんなに遠いですか?
なんだ…あなたも成美も言ってないのか…うちは4時間はかかるぞ
マジかよww


俺帰れっかな?
成美
成美
キヨ明日大丈夫なの?
キヨ
キヨ
撮り溜めはしてるからなんとかなる、それにあいつらも理解はしてるから…連絡すれば分かってくれるよ
(なまえ)
あなた
ごめんね…私自分が思ってるより緊張してるみたいで…伝え忘れました…
キヨ
キヨ
いやいいよ本当に、融通きくし
あなたは兎も角問題は成美だろ


そういう意味も込めて俺が成美を見ると
成美
成美
(ノ≧ڡ≦)☆
反省してないなコイツ…


きゅ…


ん?俺の手が握られている
(なまえ)
あなた
………
キヨ
キヨ
大丈夫?
(なまえ)
あなた
ごめん…分かんない…
みんな寝てて大丈夫だからな…清川くんも疲れてるなら寝てて構わないよ
キヨ
キヨ
ありがとうございます…でも大丈夫です
このまま寝たらあなたに寄りかかることになるかもしれない…


流石にこの状況でそれは…無理…


俺は外の景色を見ながら彼女の手を握り…到着を待った