無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

理解者
ピンポーン
レトルト
レトルト
はーい
タッタッタッタッタッ
キヨ
キヨ
レトさん俺俺
ガチャ
レトルト
レトルト
おおキヨくん
どうしたの?今日なんもないよね?
マスクして首を傾げたレトさんが出てきた

レトさんあんまり家から出ないから助かった
キヨ
キヨ
ちょっと話合わせてほしくて…
レトルト
レトルト
ふーん…まあとりあえず入り
キヨ
キヨ
うん




レトルト
レトルト
へぇーキヨくんがソフレねぇ
かわいい子?
キヨ
キヨ
そこはいいじゃん別に
レトさん会うことないんだし
レトルト
レトルト
えー気になるやん!
写真ないの写真!
キヨ
キヨ
レトさんはLEVEL5のスタッフにかわいい子いたけどその子と写真撮った?
レトルト
レトルト
いや?流石にそれはできんやろ
キヨ
キヨ
それと同じ、だから何も持ってない
レトルト
レトルト
ちぇーつまんないの( +△+)
キヨ
キヨ
つまんないとはなんだこの(キ ゚Д゚)
まったく…これだからエロルトって呼ばれんだよレトさんは…
レトルト
レトルト
ハァ…で?なるちゃん来たらいないって言えばいいの?
キヨ
キヨ
泊まってったって言っといて
バレたら怖いからさ
レトルト
レトルト
おっけー…で?報酬は?
キヨ
キヨ
俺のスマイルで勘弁して
レトルト
レトルト
うわぁ1番要らない
俺はレトさんにパンチとも言えない弱いパンチを喰らわせてそこを出た