無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

安心と不安の狭間で
キヨ
キヨ
等々明日だね
(なまえ)
あなた
うん…
キヨ
キヨ
大丈夫?
(なまえ)
あなた
寝ましょう!
明日も早いですし…
キヨ
キヨ
そうだな…
~♪~♪
(なまえ)
あなた
あれ?ぁ…
お父さん…
キヨ
キヨ
出ていいよ、俺(部屋)出るから
(なまえ)
あなた
うん…ありがとう
ピッ
(なまえ)
あなた
もしもし
『おおあなた…成美から話は聞いた…大丈夫か?』
(なまえ)
あなた
うん…大丈夫…だと思う
『まだ不安か?』
(なまえ)
あなた
ちょっとね…
母さんもみんなにも、お前の帰宅は伝えてある…だから…
(なまえ)
あなた
わかってる…身構えてもないし、怖くないって言ったら嘘になるけど……でも
キヨ
キヨ
………
↑ドアにもたれかかって聞いてる
(なまえ)
あなた
ちゃんと帰るよ?ちゃんとみんなの顔見る…遠くからじゃなくて、ちゃんと面と向かって話す…歓迎されるか不安だけどね…
『そこに不安はない、みんな心待ちにしている、双子はおまえとは初対面だしな』
双子だったんだ…
(なまえ)
あなた
そっか…ちゃんどご挨拶しないとね
『でだあなた…』
(なまえ)
あなた
なに?
『いや…これは明日話そう…
時間は成美が言った時間でいいな?』
(なまえ)
あなた
うん…待ってる
お父さんは…変わってないな…


私が変わっちゃったのかな?


変わってないといいけど…


ガチャ
キヨ
キヨ
終わった?
(なまえ)
あなた
あっごめんなさい
終わりました
キヨ
キヨ
俺も明日ここから直接行くから…それでもいい?
(なまえ)
あなた
うん…大丈夫
そっと手を取られた


とても暖かい
キヨ
キヨ
(震えてない…)大丈夫ならいいけど…
(なまえ)
あなた
今度こそ寝よ?明日のためにも
キヨ
キヨ
うん
私たちは眠りに着いた


明日の為に







あなた「ママ…ママどこ?」

???「ほら…おまえのかあちゃんいっしょにさがしてやるから、もう泣くな」

あなた「ぅん…」



これ…いつだっけ?



小さな私の手を引くこの男の子は…



誰だっけ?


(なまえ)
あなた
ん~
キヨ
キヨ
すぅ…すぅ…zzz
起きた時


私は夢のことをうっすらとしか覚えていなかった


『なんか懐かしい夢を見た気がする…』その程度くらいで


私の頭から…男の子のことは消えていた
(なまえ)
あなた
キヨ…起きて…
キヨ
キヨ
んぅ…zzz
(なまえ)
あなた
ん~
ご飯できてからでいいかな?


あれ?


2人分作っていいんだよね?


キヨここから行くんだしさすがに食べないのはだめだし…
(なまえ)
あなた
キヨさんってパンで大丈夫な人かな?
とりあえず顔洗って歯磨いてお湯沸かしとこう


その間に起きるかもしれないしね



❁✿✾ 何分か後 ✾✿❁︎
(なまえ)
あなた
キヨ…起きて…
ゆさゆさ
キヨ
キヨ
ん~…
(なまえ)
あなた
流石に起きないとですよ?
キヨ
キヨ
ぅるさぃ…
(なまえ)
あなた
もう…
顔の傷もいつの間にか綺麗になったキヨ


ガーゼがあった頬に手を添える
(なまえ)
あなた
綺麗になってよかった
顔みんなに見てもらう人は綺麗じゃないとね
キヨ
キヨ
パチッ
(なまえ)
あなた
(っ'ヮ'c)わっ
キヨ
キヨ
ぁ…ごめん俺普段起きるの遅いから…
(なまえ)
あなた
知ってます
キヨ
キヨ
ん~…ソフレ頼むようになってから早くなったとは思ってたのに…( つω-。 ` )ゴシゴシ
かわいい…


なんて言ったら失礼なんだろうな


男の人だし…


絶対嫌そう
(なまえ)
あなた
ヨシヨシ(。・ω・)ノ(´-ω-)
キヨ
キヨ
ん…(  ' -' )ボー
おや?驚かない


さすがに慣れちゃった?


単に寝ぼけてるだけかな?
(なまえ)
あなた
顔洗って来て、朝パンで大丈夫?
キヨ
キヨ
うん… 着替えたらすぐ行く
(なまえ)
あなた
じゃあお願いします
ガチャン
(なまえ)
あなた
さて…
ご飯作らないとですな









キヨさんが戻ってきて朝食に
(なまえ)
あなた
美味しい?
キヨ
キヨ
うん…
(なまえ)
あなた
なら良かった
キヨ
キヨ
何気に初めてかも…2人で朝食
(なまえ)
あなた
そういえば…
夕飯も瑞希いたし…


でも1回はあったような…?


ピンポーンッ
(なまえ)
あなた
ん…なるちゃんかな?
ちょっと出てくるね
キヨ
キヨ
うん…
私は口を拭きつつ玄関へ


ガチャ
(なまえ)
あなた
わっお父さん…
キヨ
キヨ
ッ!?!?
すまない早かったようだな…
(なまえ)
あなた
てっきりなるちゃんかと…
………あなた
(なまえ)
あなた
はい?
この靴は…
(∩゚д゚)アー


どうしよう!!!


ここでキヨさん出したら


『彼氏か?』とかそんなやばい話に…


でもなるちゃん来てないからお父さん上げないと…
(なまえ)
あなた
今日着いてきてくれる友達の靴…なるちゃんから聞いてない?
ああ、そうだったな…
お早い到着で…挨拶でもしよう
(なまえ)
あなた
おっお父さんあの…
ん?
少しでも時間稼がなくちゃ…


せめてコーヒー飲んでるだけとかに…


遭遇させるならそれくらいに…
(なまえ)
あなた
何時頃出るの?私もまだ着替えてないし…なるちゃんもまだだし…
まあ成美が来らにしようか、黙って出てきた父さんも悪いしな
ガチャ
(なまえ)
あなた
父です
キヨ
キヨ
どうも…おはようございます
ああ君が清川くんか…成美から聞いているよ、あなたと仲良くしてやってくれ
キヨ
キヨ
はいもちろんです
(良かった着替えてて…)
(なまえ)
あなた
お父さんもコーヒー飲む?
紅茶がいい?
コーヒー頼むよ、おまえは着替えてきなさい
(なまえ)
あなた
食器洗ったらすぐに…
キヨさんが…自分の皿を私の方に置いていた


これでギリギリかな?


そして食器を洗いながらふと思った


あれ?私着替えて来いって言われたけど…


もしかしてこれわざとでは…?


なんて考えながら…私は部屋に行くしかないのであった