無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

この感じどこかで…
フジ
フジ
あっ宮野ちゃん
(なまえ)
あなた
お招きありがとう
今日は等々集まりの日


久しぶりに大学の友人に会えると思うとわくわくです
フジ
フジ
ごめんねいきなり待ち合わせ場所変えようなんて…
(なまえ)
あなた
いえ…私も初めて行くとこだったのでありがたいです
今私は藤原くんからちょっと来て欲しいというところに呼び出され、今から集合場所に向かうところです
フジ
フジ
彼女来るからもう少し待って
(なまえ)
あなた
うん…ってそれも私いて良かったの?
フジ
フジ
集まり行く前に話したいって言われたから…俺もみんなにキミが来ることまだ言ってないし…いいかなって…ごめんね
(なまえ)
あなた
いえ、私は気にしませんので
そして暗い中


1人こちらに向かってくる影が見えた
美由紀
美由紀
フジ〜
フジ
フジ
あっ来た
(なまえ)
あなた
(綺麗な人…)
確かに見たことない


私が知ってる子とは別の子なんだね


でもお似合い
フジ
フジ
今日はよそ行きだねみゆちゃん
美由紀
美由紀
一言余計ですよ
(♡´ ˘ `˶)σ゛ツン
フジ
フジ
やめてよ///もう///
ラブラブだ
美由紀
美由紀
ふふふっごめんなさいね
見せつけたみたいになっちゃって
(なまえ)
あなた
いえ…お二人とも本当にお似合い
私本当にお邪魔ですよね
気のせいでなければ…もしかしてマウントとられてる?
フジ
フジ
みゆちゃん…宮野ちゃんに圧かけないの…困惑してるの分かんない?
美由紀
美由紀
ごめんつい♪
やっぱり圧だったんだ…


こう言っちゃ悪いけど…


美由紀さんちょっと怖い
美由紀
美由紀
改めて、松山 美由紀です
脅かしちゃったみたいでごめんね
(なまえ)
あなた
いえそんな…何度も謝らないでください、彼氏の近くに女がいて嫉妬するのは当たり前ですよ
美由紀
美由紀
ふふふっありがとう
(なまえ)
あなた
あっ申し遅れました、宮野 あなたです
美由紀
美由紀
うんよろしく、あなたちゃん…って呼んでもいいかな?
(なまえ)
あなた
はい
美由紀
美由紀
やった、私のことも名前でいいからね
(なまえ)
あなた
はい、美由紀さん
フジ
フジ
俺完全に空気なんだけど…
(でもまぁ…変に衝突せずに仲良く出来そうでよかった)
私は3人で仲良く目的地に向かった


美由紀さんと仲良く出来そうでよかった


それになんか…この感じ何処かで…?


あっ

(なまえ)
あなた
ふふふっ
美由紀
美由紀
あなたちゃん?
(なまえ)
あなた
あっごめんなさい
ちょっと妹のこと思い出して
なるちゃんの執着心も…これくらいなら…


いやでも…


人による…かな…?