無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

俺は…
〜キヨside〜
キヨ
キヨ
………
なる…



流石に隠し通せなかった…



俺は今日…いや



ここに来る少し前



彼女の成美に包丁の持ち手で殴られた



青痰あおたんになってるところは…な



こっちの切り傷は切られた…



わざとじゃない



本人も動揺してたし…


スッ…

キヨ
キヨ
イタッ
成美
成美
ぁ…ごめんキヨ…ごめんね
キヨ
キヨ
うるせぇ!
成美
成美
どこ行くの?ねぇ待って!
キヨ
キヨ
うるさいうるさい知るか!
ガチャン
それで出てきてしまった


探していると思う


鍵だけでも取り上げて外に放り出してやればよかっただろうか…?


いや…流石にそれは可哀想だ


切ったのだけはわざとじゃないんだし…
(なまえ)
あなた
ん…
キヨ
キヨ
ッ!!//////
宮野さんが寝返り打ってこっち向いた///
(なまえ)
あなた
すぅ…すぅ…
綺麗だ…



髪までサラサラしてそう…



触ってみたい



思うだけのつもりが伸びていた手を止める



いやいやいや



宮野さんだって俺の頭触ったし…



触ったって言うか撫でられたけどな…


キヨ
キヨ
ちょっとだけ

俺はすーっ…と彼女の頭から髪にかけてひと撫でした…



なにこれすっげぇサラッサラだわ



今度は髪だけ指で梳いてみるが全く絡まらない



本当に綺麗な髪…



頬もすべすべしてそうで…


キヨ
キヨ
Σッ!?
おい待て俺何止まらなくなってんだよ…


やめよやめよ


歯止め効かなくなる


そういえば今日返してない
キヨ
キヨ
おやすみなさい
その言葉を最後に俺は目を閉じた