無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第73話

私の料理
あなたが作ったのか
(なまえ)
あなた
うん…口に合うといいけど…
母さんよりは食べてるから、お前の腕は信用してるぞ
(なまえ)
あなた
ふふふっありがとう(´ ˘ `*)
いただきまーす…の号令とともに料理を口に運びたずみんな


そして数人が私のグラタンに手をつけ…顔がぱあっと明るくなった
結愛華
結愛華
美味しいよお姉ちゃん
奏唄
奏唄
お母さんのより美味しい
確かにこれは負けたわね
成美
成美
あたしもこれを目指すよ!
(なまえ)
あなた
そっそんなに!?……どう?愛柊
愛柊
愛柊
うん…美味しいよ姉さん
また作って
ん…みんなが…


私の作ったグラタン食べて美味しいって…また食べたいって…
(なまえ)
あなた
うん…そのうちね
嬉しいことこの上ない!
キヨ
キヨ
(やっぱり料理上手…ほんと美味い、きっと毎日でも飽きないよな)( '༥'  )ŧ‹"ŧ‹"
成美
成美
あれ~?キヨ感想は?
キヨ
キヨ
む…(こいつは…)
結愛華
結愛華
美味しくなかったの~?
キヨ
キヨ
んなわけあるか!美味かったよ
(なまえ)
あなた
ありがと
キヨ
キヨ
(なんで今言わせんだよ…)
結愛華
結愛華
えへへ
成美
成美
えへへ
暫くしてごちそうさまの後お父さんの号令
さあ、食器は自分でかたずけろー
あっ清川くんは持って行くだけでいいから
キヨ
キヨ
あっはい…良いのか?
成美
成美
お客様に食器洗いなんてさせないのですよ
奏唄
奏唄
じゃあキヨ続き
キヨ
キヨ
おう
すっかり懐いちゃって


本当の兄弟みたい
待て待て奏唄、風呂沸いてるぞ?
奏唄
奏唄
父さん入らないの?
父さんまだ仕事だから後でいい
一段落着いたらにする
奏唄
奏唄
じゃあ愛柊入れよ
愛柊
愛柊
いいよ…あっ姉さん1番に
(なまえ)
あなた
えっ…私よりお母さんが…
お母さん長いから、最後でいいわよ
結愛華
結愛華
お姉ちゃん入るならわたしも入るー!
ね?いいでしょお姉ちゃん、一緒に一番風呂しよ?
(なまえ)
あなた
ゆめちゃんがそういうなら
結愛華
結愛華
やったー٩(>ω<*)و
久しぶりの家風呂に一番乗りすることになった


結愛花と一緒ってのもわくわくします
じゃあ1番の人ー?
早く準備しなさい
結愛華
結愛華
はーい
(なまえ)
あなた
はーい、じゃあ準備して来てゆめちゃん
結愛華
結愛華
(๑•̀ᄆ•́ฅラジャー!!
次回 お風呂と母とお話