無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

その目は…
(なまえ)
あなた
清川さん
キヨ
キヨ
はい?
あ…
私なんて声かければいい…


『まだ帰らないですか?』


いやこれだとさっさと帰って欲しいみたいだよね?


別にうち誰か来るわけじゃないから居られる分にはなんの問題もないんだけど…


先輩は私の家知らないし…


瑞希は今日は仕事のはずだから来ても夕方だし…


悩んだ末…


私の口から出たのは…

(なまえ)
あなた
お腹すきません?
キヨ
キヨ
そう…ですね
って待て!


私の冷蔵庫ろくなもん入ってな買った気がする!


どうしよう…


出前…?


それともコンビニで買ってくる?


外食…とか?
(なまえ)
あなた
ちょっと失礼しますね
キヨ
キヨ
あっ
ガチャン
さて冷蔵庫
(なまえ)
あなた
………
本当に入ってなかった…


今度買って来ないと


サラダしか作れない


『お腹すきません?』って聞いて出てきたのがサラダだけって…


流石に『おい!』ってなるわ!



私は清川さんに説明したが…


どうやら家から出たくなさそうだ


外食の提案をすると肩がビクつき、目を逸らして身体が拒否していると言った感じだ
(なまえ)
あなた
私…お弁当買ってきましょうか?
キヨ
キヨ
でも…
(なまえ)
あなた
うちには何もないですし…
買って来ないと…
キヨ
キヨ
………
弟が同じ顔してたんだよなぁ


『お姉ちゃん行かないで…』…って


心細そうに私にしがみついて…


その時の弟と…清川さんが同じ目をしている…


私は…そう思えて仕方がなかった
(なまえ)
あなた
出前取りましょう!
出られませんし!
キヨ
キヨ
すみません…
(なまえ)
あなた
いえ…
お腹は私も空いてるし…


食べたい時に食べないのは…よくないと思う


それにしても、清川さんは帰らなくて良いのだろうか?


見た感じ…


流石に親御さんが家で待ってる…とかではなさそうなのだが…


一日中留守では…心配する人はいるんじゃないだろうか?


この清川さんがあのキヨさんなら…


あの動画に一緒に出てた3人とか…


今日が休みだからいるとかなら…あれだけど…