無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

やってみればいい
みのり
みのり
あなたちゃん今日は楽しかった(◍˃ ᵕ ˂◍)
またご飯行こうね!
(なまえ)
あなた
うん
みのり
みのり
瑞希ちゃんもまたね
瑞希
瑞希
うん!今度は映画でも行こ
みのり
みのり
"(ノ*>∀<)ノいくー!!
みのりちゃんは妹気質なのでぶつかるかと思ったけど…そんなことなさそうでよかった
(なまえ)
あなた
彼氏さんと仲良くね〜
みのり
みのり
ピクッ
あれ?みのりが止まった
(なまえ)
あなた
どっどうかした?
みのり
みのり
あたし話しちゃった?
彼氏いるの…
(なまえ)
あなた
うん…
みのり
みのり
えー!別れたのに〜
未練タラタラじゃんやだぁ
なんて言ってた?
(なまえ)
あなた
えっと…『チョースパダリなかれぴ〜』って
瑞希
瑞希
うわっ見たかったなぁそれ
みのり
みのり
(*>ㅿ<*)シュン…みられた
見なかったことにして!別れたから!
(なまえ)
あなた
了(*´꒳`*)解
(*>∀<)ノ))またねー     ((ヾ(* ॑꒳ ॑*  )フリフリ


みのりと別れて私は瑞希と帰り始めた
瑞希
瑞希
じゃああたしここで
(なまえ)
あなた
うんまたね
瑞希
瑞希
また連絡する
(なまえ)
あなた
うん
瑞希とも別れて私は家に


ガチャン
(なまえ)
あなた
ハァ…
バイトしよ


仕事してると進まない


私はピアノの前に座りバイトの提出用の譜面を出して音源を聞きながら譜面に起こしていった
(なまえ)
あなた
____♪___♪
そして私が夕飯を済ませお風呂を済ませた頃


ピンポーンッ
(なまえ)
あなた
おっ
今回は開けないと


ガチャ
キヨ
キヨ
お邪魔します
(なまえ)
あなた
いらっしゃい
そこには珍しくコンビニの袋を片手にキヨが入ってきた
キヨ
キヨ
ちょっとグラス貸して
(なまえ)
あなた
どうぞ
寝室まで行きベッドに座る
キヨ
キヨ
………
(なまえ)
あなた
………
なんだろこの沈黙…


まあ今朝のことがあるから…ね…
キヨ
キヨ
あなた昨日のこと…覚えてないんだよね?
(なまえ)
あなた
うん…変なことしてない?私
キヨ
キヨ
大丈夫…変なことはしてない
変なこと…"は"?
(なまえ)
あなた
変なことはっていうと?
キヨ
キヨ
うーん…まあ飲んでみればいいじゃん
(なまえ)
あなた
え?
キヨ
キヨ
昨日みたいにさ
プシュッ
(なまえ)
あなた
え?
なっなにこれ


私無理やり飲まされる予感…


缶ビール片手にキヨさんがにじり寄ってくる
キヨ
キヨ
((((((((((「・ω・)「🥃ジリジリ
(なまえ)
あなた
ちょっちょっと!来ないで!
キヨ
キヨ
え〜
ニヨニヨ(゚∀゚)
グラスに注いで持ってこないで…


私の中の何かが逃げないとと叫んでいる!
(なまえ)
あなた
ヾ(>o<;)ノうわぁぁぁぁぁぁぁあ
と心の中で叫びながら私はドアの方へ逃げる
キヨ
キヨ
ちょっと待て
パシッ
(なまえ)
あなた
あぁ…
腕掴まれて引き寄せられる


男の人の力って怖い…
キヨ
キヨ
逃げることないじゃん
(なまえ)
あなた
キヨ…の顔…怖いから
キヨ
キヨ
俺はただ酔ってたあなたに会いたいだけ
(なまえ)
あなた
え?
それってどういう…
キヨ
キヨ
隙あり!
(なまえ)
あなた
えっむぐっ
ゴクッ
あー待って待って溢れてるし一気飲みなんて…


いつの間にか私は彼に首の後ろに腕を回され受け止められてる形で口に酒が注がれている


コップなので上手く入らないため飲めていない分が溢れて私の口の端から服や床に滴り落ちる
(なまえ)
あなた
ぷはッゲホケホッ
なっなにするんですか…ケホッ
うぅ器官に入った…


口元抑えて咳をした後袖で拭う
キヨ
キヨ
あれ?あなたもしかして昨日だいぶ飲んでた?
(なまえ)
あなた
だいぶって…集まり行って帰ってきた日ですよ?私多少は嗜めます
キヨ
キヨ
じゃあもう少し強いやつで
カチッ
(なまえ)
あなた
へっあっちょッ!!
ってなんか音が違うと思ったらそれウイスキーの瓶では!?!?
キヨ
キヨ
口移しとかがいい?
(なまえ)
あなた
あなた酔ってます?
キヨ
キヨ
さあどうだろ?
(なまえ)
あなた
えぇぇ
キヨ
キヨ
嫌なら口開けて





〜キヨside〜

数10分後
(なまえ)
あなた
キヨぉ…もっと飲むぅ…
キヨ
キヨ
よしよし、まあとりあえず口拭けよ
(なまえ)
あなた
うぬぅ…
(っω<。)フキフキ
キヨ
キヨ
(かわいい)
(なまえ)
あなた
ん〜…
ウイスキーはまずかったか?


俺があなたを眺めていたら、あなたが自分の服に手をかけて脱ごうとしt…って待て待て待て!
(なまえ)
あなた
ん〜…
キヨ
キヨ
おい待てあなた!
(なまえ)
あなた
へ?
俺は必死に彼女の両手を掴んで阻止した


危な…マジでそういうAVみたいじゃん…
キヨ
キヨ
あなたお前なにしてんの!?
ストリップでも始める気か!?!?
(なまえ)
あなた
しゅといっぷ〜?
幼児退行でもしてんのか?こいつ…
キヨ
キヨ
あ〜…なんで服脱ごうとした?
(なまえ)
あなた
だってお酒臭いしベタベタなんだもん
キヨ
キヨ
あー…
単に…着替えたかったのね…
キヨ
キヨ
俺出てくから…俺が出てってから着替えな?ね?
(なまえ)
あなた
うむぅ…
俺が出て行こうとしたら


きゅ…


服の裾掴まれた
キヨ
キヨ
あなた?
(なまえ)
あなた
キヨ戻ってくる…?
かわいッ


なんだよこれ!


なんか俺悪いことしてる感じが…


いや女に無理やり酒飲ませてベロンベロンにした時点で悪いことしてるんだけどぉ…
キヨ
キヨ
戻ってくるから、秒で着替えて
(なまえ)
あなた
分かっちゃ〜
かわいい…


いつものあなたもいいけど酔うとかわいさが倍増する!


ガチャン
キヨ
キヨ
はぁ…
俺どうした…


あなたベロベロに酔わして何をしたかったんだ…


まああのかわいいあなたが見たかったのは事実だけど…


なにより…
(なまえ)
あなた
『えへへキヨだいすき〜』
キヨ
キヨ
~~~~~~/////////
あれをもう1回聞きたい!


っていう俺のわがまま…


それに…これがあなたの本来の性格なら…


家族の話もちゃんと聞けるかもしれない


俺は自分に言い訳しながらあなたの着替えが終わるのを待った