無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

398
2019/08/25

第8話

6.
あなた
とりあえず…



さとみ@すとぷり

「ありがとうございます(;_;)(;_;)」

「私さところ推しで……」

「本当に嬉しいです!!泣」

「本当にありがとうございます!」



あなた
これでいいよね………、、次は…



ジェル@すとぷり

「勝手にカバーさせていただきました(;_;)」

「大好きな曲を歌えて本当に嬉しいです!」

「本当にありがとうございます!😭」


あなた
おけい……



ななもり。@すとぷり

「なーくん…っ!!」

「聞いいただけて本当に嬉しいです(;_;)(;_;)」

「他のも歌いたいです😭😭」

「ありがとうございます!!泣」


あなた
おけおけ…



るぅと@すとぷり

「ありがとうございますっ!!(;_;)(;_;)」

「こんな私でよければ、ぜひセッションしたいです!😭」

「ありがとうございます!!」


あなた
セッションかぁ……



莉犬くん@すとぷり

「莉犬くんの歌みた大好きなんです😭」

「ありがとうございます!!泣」

「ぜひぜひです!!」


あなた
莉犬くんと一緒に……




















よしっ。




































ころんくん…は…DMくれないの……?









































あなた
なんつって!☆
贅沢すぎるよね…笑























なんて言いながらもころんくんからのDMを待ってしまう自分がいた。