無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

384
2019/08/24

第4話

君の声と私の声が
あなた
あなたの声で解れてゆく
あなた
忘れたくないと心が云う
あなた
思い出ばっか 増えていく
あなた
ずっとそばにいたい
あなた
泣き虫でもいいかな
ころん
強がらないでいいよ
ころん あなた
限りある恋だとしても
ころん あなた
出会えて幸せです






































君の声と私の声が重なってる今が


















本当に本当に幸せで















あの日まで他人だった君が















今は1番近くにいる

















それが幸せで仕方ないんだ。














そんな 君の声と 私の声が











































重なるまでのストーリー。