無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

23
2018/05/28

第8話

痛い。
あれから目を覚ましたら知らないとこにいた。
美優?俺のことわかる?なぁ、
美優
直?なんでいるの?てかここどこ?
ギュッ
美優
直?(//∇//)
よかった。ごめんな。俺が俺が悪い。あんなの投げて。最悪だよな。ガチでごめん。
美優
いいんだよ!大丈夫だし!
でも…
ガラガラ
日向先輩
美優!
ドキッ
なんでいつも穴井って言うのに美優なん?
日向先輩
美優、大丈夫?
美優
はい!
日向先輩
直、席外してもらっていい?
えっ?
日向先輩
美優と2人で話したい。
分かりました。
直は出ていった。日向先輩とふたりっきりだ。緊張する。
美優
どしたんですか?
日向先輩
俺、美優がバスケ部に入ってきた時から美優のことが好き。よかったら付き合ってください
美優
えっ?ほんとですか?
日向先輩
うん。美優が助けてくれた時嬉しかった。けどその後すぐに倒れた美優を見るとすごく悲しくなったし守りたかった。次からは守りたいって思ったんだ。
美優
はい。
日向先輩
返事は今すぐって言わないから。
美優
いや、今がいいです。
日向先輩
えっ?けど
美優
私も日向先輩が好きです。優しいとことかみんなをまとめてくれるとことか。全部が好きです。
日向先輩
ほんと?
美優
はい!こんな私でよかったら付き合ってください!
日向先輩
俺、美優以外ありえないから。
美優
(///'ω'///)