無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

521
2019/08/06

第3話

真実。
テオくん
テオくん
あのな...?
you
you
はい
テオくん
テオくん
あなたには、親がいる。
テオくん
テオくん
だけど俺達に...俺達に
テオくん
テオくん
「娘を育ててください。私たちじゃこの娘このこを満足させることが出来ないんです...。お願いしますっ。お願いしますっ。」
テオくん
テオくん
って言ってきたんだ
じんたん
じんたん
俺達はね?
じんたん
じんたん
「あなたは、あなた達みたいな「私たちじゃ満足出来ていないんじゃないか」とかってちゃんと娘さんの事を考えている、親に育てられたいと思います。」
じんたん
じんたん
って言ったんだ
you
you
・・・。
じんたん
じんたん
それで...ゆうかい...したの
you
you
ポロポロうぅ〜
テオくん
テオくん
あなた!?
じんたん
じんたん
ごめん。ごめんあなた
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆうり【作者】
ゆうり【作者】
語彙力