無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,393
2018/06/14

第10話

10
グク
グク
僕ね、
ずっと前からあなたちゃんの事が好きだったの
あなたちゃんが隣にいないとやだ、、
付き合ってください


あなたちゃんがすごく恋しくて、
え??
やっぱり、こんな感じなのか、、
実は、グクとは、幼馴染で
昔は家も隣でほぼ毎日遊んでいた




だけど、
私は引っ越すことになってそれ以来、会ったり、連絡をとっていなかった冷却期間を置きたかっていうのもあるけど、、、

最大の理由は

グクは、"女たらし"だから、、、、




いまは、どうかわからないけど、
まだそうかもしれない…
どうしよう…
でも、今グクを今支えられるのは私だけかな…?
グク
グク
あなた…?
あなた

あ、えっと…

グク
グク
ゆっくりでいいから、

でもこれだけさせて…?
あなた

エ??

キスされた??
グク
グク
じゃあ、また明日ね!!
あなた

う、うん!!
また明日ね

なんで、何もなかったかのようにできるのぉぉぉぉ
だぁぁぁぁぁぁぁあ
ふぁぁぁぁすぅぅううとぉおおお

きぃぃぃぃぃすぅぅぅぅぅがぁぁぁぁぁぁ
.








.










.
あなた

あ、テヒョン先生のところ行かなきゃ

🏃🏃🏃🏃🏃🏃
《職員室》
テヒョン先生
テヒョン先生
あなたサン!
遅いよ〜
教室行こうか
あなた

はいっ

tekuteku★  ←歩いてます
あなた

ん??
テヒョン先生?教室逆方向ですよ?

テヒョン先生
テヒョン先生
あ!面接室だよ!
教室じゃなかった((
つきました(謎の実況化
バタン!!
あなた

テヒョン先生
テヒョン先生
ねぇ、あなたちゃん?