無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

メイドの仕事
仕事の説明
朝6時半にリドル君を起こす
6時45分から朝食の準備をする
作り終わったらリドル君に食べてもらう
7時までに掃除 洗濯をする
7時半に学校に行く
その際お弁当を渡す
寮に戻ったらリドル君に間食を作る(紅茶も)
4時までに課題等を終わらせる
そして料理を作る
6時に食べてもらう
7時にお風呂に入る
8時まで自由時間
そこからは私の勉強
9時に寝る
というハードスケジュール
そして私は男子校に特別入学ということで学園長が面倒事を押し付けてくる
しかもエースという人とデュースという人がシャンデリアやらなんやらを壊したという
まあ実際は私が時を止め壊す所を壊さずに済んだのだ
とても疲れるがリドル君と一緒に居るのは楽しい
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
なんでもないパーティーがあるんだか
あなたは来るか?
(なまえ)
あなた
良いんですか?
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
(。_。`)コク
(なまえ)
あなた
\(*´∇`*)/ヤッタ-♪
なんでもない日のパーティーか
楽しそう
時は流れ
真夜中
(なまえ)
あなた
(全然寝れないしなんかゴソゴソ聴こえるし)
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
めっちゃこのタルトうめー
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
それは僕のタルトだからね
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
オフウィズユアヘット
…なんという事を聴いてしまった…
しかもハートの女王の法律だよね…‼
私もう寝よ…
作者
作者
さあ次回どうなるのか