無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6





一時保育に預けていた娘を迎えに行って
急いで家に帰った










あなた
「あいな〜ママ仕事決まったよ!」





そう娘に伝えると嬉しそうに笑ってくれた





この子の為にも頑張らなきゃ
そう心に決め明日のために荷物をまとめた





まとめ終えた頃には日付が変わっていた





起きたら仕事だから早く寝ないと





やっと決まった仕事に嬉しさ半分。緊張半分。
で、なかなか寝付けなかった





あいな
「ママ〜ママ〜おきて〜」





あいなに起こされ目が覚める。










急いで朝ごはんを済ませ出発!