無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第10話

10





前田かな
「じゃ、私も自分の仕事あるからそろそろ帰るね!分からないことあったら、連絡して!
それか西畑くんに聞いて!」





あなた
「今日はありがとうございました!
これからもよろしくお願いします!」






前田かな
「じゃ、またね!西畑くんもまたね!」





あなた
「帰り気をつけてくださいね!」




西畑大吾
「ありがとう!」





















西畑大吾
「あいなちゃん!なんちゃい?」





あいな
ママの後ろに隠れながら…「✌🏻️」





西畑大吾
「2歳か!何して遊ぶ〜?」





あいな
「アン○ンマン」





西畑大吾
「アン○ンマンか!じゃ、アン○ンマンのおもちゃで遊ぼう!」





小さい子の扱いに慣れてる大吾くん
将来素敵な旦那さんになるなと思いながら
つい見とれてしまっていた。





西畑大吾
「あいなちゃん見てるから!
なんかやることあったらやってていいよ!」





あなた
「え、あ、いや
あ、じゃお言葉に甘えて…ありがとう!」






西畑大吾
「あ!今日は週末だから、夜ごはん全員来れるって!後でみんなのこと紹介するな!
夕方くらいかな?」





あなた
「わかった!(みんなに会うの緊張するな…)
ちょっと部屋の片付けだけしてきても…いい?」





西畑大吾
「おん!」






あなた
「ありがとう!」