無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

第46話
155
2022/04/18 10:06
モトキside
狂影を倒した後俺たちは空間から出た。外はもう夜明けで太陽が登っていた。外では東海の残りのメンバーやディーパー楓さんがいる。
りょう
りょう
みんなお疲れ様!
虫眼鏡
虫眼鏡
モトキおかえりなさい
モトキ
モトキ
虫さん…あの時はごめんなさい
虫眼鏡
虫眼鏡
いいんだよ…その様子から仲直りはできたみたいだね
ダーマ
ダーマ
あぁ迷惑かけたな
他の人にも謝らないと…特にぺけには…あ…
俺はマサイの方を見た。そうだった俺はマサイの大切な人を傷つけたんだ
モトキ
モトキ
ごめんマサイ!俺のせいでぺけは…
マサイ
マサイ
……大丈夫だぺけはきっと目が覚めるさ
それにお前の本心じゃないことくらい分かるよ
楓
大丈夫ですよ…あなたは1度闇に負けたけど再び立ち上がったのでしょう…あなたには星の力がある先代巫女様のように強い星の力があると私は思いますよ
先代巫女…俺と同じ力があるんだ…
じゃああの時俺に語り掛けた人は…
ダーマ
ダーマ
モトキ…ぺけの所へ行こう
モトキ
モトキ
え?
ダーマ
ダーマ
ぺけに謝りたいんだろ?
マサイ
マサイ
あぁ…会ってやってくれ…
あいつもお前の事心配だと思うから
モトキ
モトキ
うん
ゆめまるが鏡を出してくれて俺達はぺけの元へ向かった。そこにはトミックさんを始め北の打ち、きょんくまそして酸素マスクを付けて眠っているぺけの姿があった。
ふぇると
ふぇると
おかえりなさい皆さん!モトキさんご無事で…
モトキ
モトキ
2人ともごめんね…怪我は大丈夫?
ごーきジュニア
ごーきジュニア
はい!もう大丈夫です
俺はぺけのベッドに向かった。
モトキ
モトキ
ぺけ…ごめんね…
あの時ぺけに言ったこと本心じゃないよ…ぺけは俺の大切な親友だから…
「……おかえり…もっきゅん…」
モトキ
モトキ
!!
ぺけたん
ぺけたん
よかった…元に戻って…
マサイ
マサイ
ぺけ!
ぺけたん
ぺけたん
マサイ…心配掛けて…ごめんね…
ぺけが目覚めた…俺は涙が溢れぺけに抱きついた
モトキ
モトキ
ごめん…ごめんねぺけ!俺のせいで…
ぺけたん
ぺけたん
もっきゅん…そんなに泣かなくても…大丈夫だから
モトキ
モトキ
だって…だってぇ…
ぺけたん
ぺけたん
大丈夫…それよりダーマと仲直りした…
その様子なら大丈夫そうだね
その後しばらくぺけのそばで泣き続けた…
そしてダーマ共にちゃんと話した…クリスマスの日はダーマと一緒に過ごすためにサプライズで計画していたことを知った。



















[クリスマス当日]
俺は待ち合わせの場所に来ていた。ダーマと一緒に旅行に行くために。しばらく一緒に過ごせてなかったから楽しみだ…そんなことを思っているとダーマが来た。
ダーマ
ダーマ
よっ!
モトキ
モトキ
ダーマ…
ダーマ
ダーマ
準備はいいか?行くぞ
俺たちは電車に乗って目的地に向かう。そこは温泉旅館だった。そう言えば2人でこんなとこ来るの初めてだな…
ダーマ
ダーマ
ここ美月さんが紹介してくれてな…景色もいいし温泉も最高だからって…
モトキ
モトキ
あぁ…あの人か…
後日俺に勘違いさせたことで謝りに来たけど…すごい人だったな…

(回想)
美月
美月
この度は本当にごめんなさい!
モトキ
モトキ
あぁ…いや大丈夫ですよ誤解ってわかったので…
ダーマ
ダーマ
美月さん大丈夫ですよ!
美月
美月
いえ、ダーマさんがモトキさんの為に考えているのを見て、私も力になりたいと思っていたのですが勘違いさせるかもしれないということを考えてなかったです。本当に申し訳ございません
ンダホ
ンダホ
………美月さんってもしかして…
美月
美月
はい!おふたりの様子を聞いて尊く思いました!
シルク
シルク
やっぱり!
ザカオ
ザカオ
すっごい分かります!俺も毎日イチャイチャを見ては尊く思います!
美月
美月
そうなんですよ!ダーマさんがモトキさんを(自主規制)で(自主規制)した時に(自主規制)ていうのを想像してしまって…
ダーマ
ダーマ
ちょっ!美月さん!?
モトキ
モトキ
~~……/////
ザカオ
ザカオ
俺もです!この2人だけじゃなくマサぺけカップルも(自主規制)で(自主規制)な事を想像してしまっても実際こんなにイチャイチャしてますからー!
マサイ
マサイ
俺たちまで飛び火食らってんだけど!?
ぺけたん
ぺけたん
Σ(///□///)
美月
美月
やっぱり尊いですよね!(自主規制)で(自主規制)なのは!
ザカオ
ザカオ
そうですね…やっぱり最高だ!
シルク
シルク
……頼むからもう辞めてくれ…








[現在]
モトキ
モトキ
今考えるとすごい人だったな…
ダーマ
ダーマ
ザカオと気が合うのかもな…
そうこうしていると目的の場所に着く。景色もよく部屋も広かった。部屋には露天風呂が着いていたのだ
モトキ
モトキ
すげーこんなの初めてだ!
ねぇ温泉入ろ!
ダーマ
ダーマ
待て待て…今日はえらい無邪気だな笑
俺たちは温泉に入る。久しぶりに温泉に入った気がする…しかもダーマと二人きり
モトキ
モトキ
(〃´o`)フゥ…暖かい…
ダーマ
ダーマ
仕事の疲れが癒される…
モトキ
モトキ
……ねぇダーマあれから1年経ったね…
ダーマ
ダーマ
ん?あぁ…もう1年か…早いもんだな
付き合い始めてから1年が経った…
今日はダーマに甘えてみようかな…
俺はダーマに抱きつく
ダーマ
ダーマ
モトキ?
モトキ
モトキ
その…今日は甘えてみようかなって…/////
ダーマ
ダーマ
…お前この状態で甘えてくるとは…/////
誘ってるとみなしていいのか?
モトキ
モトキ
え……/////
ダーマは俺にキスをする。何度も角度を変えてキスをする。
モトキ
モトキ
ん…んん……/////
ダーマ
ダーマ
可愛すぎかよ…風呂でヤルのもいいかもな …ま、その後布団でもするが…
モトキ
モトキ
…変態……/////
ダーマ
ダーマ
お前が可愛いことするからだろ
モトキ
モトキ
……/////
ダーマ
ダーマ
…なぁモトキ…一緒に住まねぇか?
モトキ
モトキ
え?
ダーマ
ダーマ
一緒に住んだら毎日会えるだろ…それに将来的にはな…?
モトキ
モトキ
え?それってつまり…
ダーマ
ダーマ
結婚…とまでは行かねぇけど同棲だな
同棲って事はこれからずっとダーマといれるの?
モトキ
モトキ
うん…ずっと一緒にいたい…
ダーマ
ダーマ
決まりだな…じゃあ年明けたら新居探して引っ越すか
モトキ
モトキ
うん!
これからずっとダーマと一緒にいられるんだ…まるで夫婦みたい…いや同棲する時点でもう夫婦かな笑
ダーマ
ダーマ
さてヤルか!
モトキ
モトキ
……は?
ダーマ
ダーマ
お前が誘ったろ?今日は寝かせねぇからな?
モトキ
モトキ
……/////
ダーマ
ダーマ
愛してる…モトキ…
そう言って彼はまたキスをした…その後のことは察してくれ…幸せな夜だったよ♡














おまけ
その他のカップルたちは……
[マサぺけ]
ぺけたん
ぺけたん
綺麗ー
マサイ
マサイ
今年もイルミネーション見れたな…
去年とは違う場所だけど…
ぺけたん
ぺけたん
マサイとならどこでも楽しいよ?
マサイ
マサイ
そうか…さてこの後宿に帰って温泉入るか!
ぺけたん
ぺけたん
うん!
マサぺけはモトキたちとは違う温泉に行っていた。その後のことは想像に任せる。



[りょうとし]
りょう
りょう
としく〜ん~
としみつ
としみつ
え?お前もう酔ってんのか!?
りょう
りょう
今日も可愛いね〜
としみつ
としみつ
話を聞け〜
りょう
りょう
今夜もいっぱい可愛がってあげる♡
としみつ
としみつ
まて、いきなりすぎる……/////
今年はとしみつの家で過ごしている。なおその後酔っ払ったりょうにより、としみつは次の日腰が崩壊した。
[ヴィクター家]
胡蝶 雫
胡蝶 雫
ウィルーサンタさん来るかな?
ウィル「(・∀・)」
ヴィクター
ヴィクター
ウィル初めてのクリスマスだもんな
ウィル「(≧∇≦*)」
胡蝶 雫
胡蝶 雫
ふふ…楽しみね
ウィルにとって初めてのクリスマスとなった。そして2人にとっても幸せな日々となったのだ。




[はじめぐ]
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
めぐみメリークリスマス!
めぐみ
めぐみ
はじめ…はしゃぎすぎだ
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
だって!やっとめぐみと過ごせるんだもん!
めぐみ
めぐみ
そうだな…今日ぐらいはいいかもな
めぐみさんとあの日々のことを思いながら過ごすクリスマスであった。
作者
作者
今回はここまでです!
第13部が無事に終了しましたよ!
喧嘩のシーンは初めてだったので見苦しかったかもしれません
星野スバル
星野スバル
次の部はどうするつもり?
作者
作者
いくつかネタはあるけど…お楽しみに!
それでは次回までバイバイ👋