第54話

第54話
110
2022/06/27 06:21
アイリスside
デューラに連れられ私はある場所にいた。そこは宮殿の近くにある丘だ…そこは夢の園全体が見渡せるほど高い位置にある。そしてそこにはパパとママがいた
アイリス
アイリス
パパ…ママ…
パパとママは黒い結晶の中に封じ込められていた。
デューラ
デューラ
さぁ感動の再会さ…プリンセス
アイリス
アイリス
パパとママに何したの?
デューラ
デューラ
絶望の力でキングとクイーンの力を封じ込めただけさ…ちゃんと生きてるよ
アイリス
アイリス
なんで私を?
デューラ
デューラ
それはこうするためさ…
そう言うとデューラは指を鳴らした。そしてパパを封じこめていた結晶は消えパパは開放される。
アスター
アスター
…………
アイリス
アイリス
パパ…?
パパは私の首をつかみ持ち上げた
アイリス
アイリス
グッ…パパ…!?
デューラ
デューラ
んふふ…どうだい大切な家族に殺される気分は?
アイリス
アイリス
あ…あぁ…
アスター
アスター
…………
パパ…目を覚まして…
アイリス
アイリス
私…だよ…アイリスだよ…
デューラ
デューラ
キングとクイーンの希望であるプリンセスを自らの手で殺す…その後自分の妻さえも殺すのだ…それらが全て終わった時キングはさぞ絶望するだろうね
アイリス
アイリス
パパ!やめて…目を覚まして……
デューラ
デューラ
無駄さ君の声なんて聞こえやしない…
これも私のせいだ…私が夢水晶を持ち出さなければこんな事にはならなかった…ごめんなさいケイト…ごめんなさいママ…ごめんなさいパパ…
アイリス
アイリス
パパ……
パパはそのまま私を丘の端まで連れていく。私の足元には地面はなくパパが手を離せば私は高い丘から落ちてしまう。
デューラ
デューラ
プリンセス…そろそろお別れだ…クイーンも直ぐに君の元に送ってやるさ
アスター
アスター
………
アイリス
アイリス
パパ…元の優しいパパに戻って……
私は…強くて優しいパパが大好きだよ……
お願い…もうやめて……
アスター
アスター
…………!
そしてパパは掴んでいた私の首を離した。私はそのまま落ちていく。
アイリス
アイリス
パパー!!
もうダメなの?ごめんなさい…私のせいで…
もうあの頃には戻れない…さよならパパ…ママ…
そう諦めたその時だった。

突然暖かいものが私を捕らえた。
???
アイリス!!
目を開けるとそこには炎の翼を羽ばたかせたシルクがいた。
シルク
シルク
良かった…間に合った…
アイリス
アイリス
シルク…!
シルクが助けに来てくれた…
















シルクside
[アイリスが連れ去られた後]
しばゆー
しばゆー
くっそ…倒しても倒してもキリがねぇ!
ザカオ
ザカオ
それどころか…減ってる感じがしない
虫眼鏡
虫眼鏡
この数はさすがにまずい…こっちが押される…
この瞬間にもアイリスが…どうすりゃいいんだ?
てつや
てつや
なら強行突破だ!
ゴールドプロミネンス!!
てつやは広範囲に攻撃するがナイトメアたちは大量に襲ってくる
ダーマ
ダーマ
おい嘘だろ!?
ナイトメア
ナイトメア
………
モトキ
モトキ
………?
ンダホ
ンダホ
どうしたの?モトキ
モトキ
モトキ
こいつら俺たちの知ってるナイトメアじゃない…
ザカオ
ザカオ
え?
モトキ
モトキ
なんだろう…前ナイトメアと戦った時は容赦なく攻撃してきたけど、こいつらは攻撃を躊躇ってるような気がする…
確かによく見てみると奴らの攻撃には迷いがある…まさか意思があるのか?
ゆめまる
ゆめまる
みんな見て!
ゆめまるが鏡を指して言った。ナイトメアが居るそこには人間が映っていた。
虫眼鏡
虫眼鏡
まさかこいつらは夢の園の住人?
りょう
りょう
確かにそれだと夢の園に人が居なかった説明が着くね
としみつ
としみつ
あんにゃろ…関係の無い人達まで…
ンダホ
ンダホ
だとしたら無闇に攻撃出来ないよ!
ナイトメア
ナイトメア
シャー!!
マサイ
マサイ
でも…どうすりゃ…
しばゆー
しばゆー
何とかして浄化できないか?
虫眼鏡
虫眼鏡
一か八かやってみよう!
俺達は宝石を掲げる。宝石は光を放ちその光は1箇所に集まる。
全員「シルバークリスタルセラピー!!」

その光を中心に広がっていきナイトメアは元の姿に戻った。人々は気を失っている。
しばゆー
しばゆー
どこも怪我は無さそうだ
ダーマ
ダーマ
あのやろ…ぶっ飛ばしてやる
ゆめまる
ゆめまる
…!これは!?
ゆめまるの鏡を見るとそこには男に首を掴まれているアイリスとデューラがいた
りょう
りょう
アイリスちゃん!
シルク
シルク
急ぐぞ!
俺達はアイリスの元へ走り出した。
しかしナイトメアが俺たちの行く手を阻む
てつや
てつや
シルクお前だけでも先に行け!
マサイ
マサイ
俺達は必ず追いかけるから!
シルク
シルク
わかった!
俺は炎の翼を出現させアイリスの所へ向かった。



















[現在]
アイリス
アイリス
シルク…!
シルク
シルク
大丈夫か?
デューラ
デューラ
まさかナイトメア達を…
アスター
アスター
………
シルク
シルク
お前…夢の園の住人にまで手を出すなんて
俺はふとデューラを見る。その隣には鎧を纏った男と黒い結晶の中に封じ込められている女性がいた。
アイリス
アイリス
シルクお願い、パパとママを助けて!
パパはあいつに操られてるの!このままじゃパパは誰かを傷つけちゃう!
シルク
シルク
あれが…
あれが夢の園のキングとクイーン…
アイリスの両親…
作者
作者
今回はここまでです!
遂にアイリスの父が登場です。
星野スバル
星野スバル
果たしてキングとクイーンを救えるのか?
作者
作者
最近投稿が遅くなりすみません。
ココ最近色々あったので…
少し落ち着いたのでぼちぼち投稿していこうと思います。それでは次回までバイバイ👋