第43話

第43話
194
2022/03/28 18:10
ダーマside
ダーマ
ダーマ
ん…んん…?
目が覚めるとそこはUUUMにある医務室だった
ダーマ
ダーマ
ここは…?
たしか俺はモトキに矢で撃たれて…
マサイ
マサイ
目が覚めたか!?
ダーマ
ダーマ
マサイ…俺は…
きょん
きょん
ディーパーさんの勾玉が守ってくれたんです!
きょんちゃんは割れた勾玉を見せる…
そうか助かったんだな…
シルク
シルク
あぁ…お前1日中目を覚まさなかったんだぞ
ダーマ
ダーマ
あれから一日が経ってるのか!?
ンダホ
ンダホ
そうだよ〜心配したんだから〜(´TωT`)
ダーマ
ダーマ
ジュニアとふぇるとは!?
はるくん
はるくん
2人とも無事です
よかった…隣のベッドを見ると頭に包帯を巻いたジュニアと首にギプスを巻いたふぇるとの姿があった。2人とも目を覚ましていた。ぺけはまだ眠っている…
ダーマ
ダーマ
………
ぺけをやったのはモトキなんだよな…
マサイにどう説明しろって言うんだよ…
ザカオ
ザカオ
それで?何があった?
ふぇると
ふぇると
それは……
ダーマ
ダーマ
……実はな…
俺は覚悟を決めて全てを話した…
もちろんぺけの事もだ
シルク
シルク
モトキが!?
マサイ
マサイ
モトキ…
マサイは低い声で話す…
ふぇると
ふぇると
マサイさん…モトキさんは…
ダーマ
ダーマ
モトキは闇に支配されていたんだ!あいつは何も悪くねぇ!この事態を招いた俺の責任だ!
ンダホ
ンダホ
うん…わかってるよ…それはモトキの本心なんかじゃない事
ごーきジュニア
ごーきジュニア
それに彼の心に入り込むことが出来ましたが微かに光があります。だからきっと元に戻れるはずです
ザカオ
ザカオ
黒幕がいるってことだね
恐らくその黒幕はりょうくんが言っていた奴だろう
ダーマ
ダーマ
そういやモトキは?
はるくん
はるくん
俺たちが3人を見つけた時には居ませんでしたよ
ダーマ
ダーマ
そうか…
意識を失う直前あいつは泣いていた…俺の思いが通じてるんだ…
ンダホ
ンダホ
これからどうする?
ザカオ
ザカオ
九尾の狐を倒してるのはいいけど手がかりが掴めないね
きょん
きょん
それならディーパーさんが割り出しました
全員「え!?」
ンダホ
ンダホ
ど、どうゆうこと!?
きょん
きょん
実はりょうさんに頼んで封印されていた鏡を持ってきてもらい調べたんです。その時にまだ妖力が残っていてディーパーさんが調べました
ダーマ
ダーマ
それでそいつはどこだ!?
きょん
きょん
そいつは……封印されていた鏡の中にいます
マサイ
マサイ
待て、そいつは封印がとかれて外に出たんじゃないのか!?
きょん
きょん
ディーパーさんによると確かに外には出ましたがその鏡は封印の力はもうないからそこに潜んでいるのだとか…そこで人の心の闇に漬け込んでいた…
シルク
シルク
それがモトキだったって事か…
やっと居場所がわかった…行動することはひとつ
ダーマ
ダーマ
だったら行こうぜ…そいつぶっ飛ばしに!
マサイ
マサイ
賛成だ…ぺけを傷つけられて行かない手はない
ザカオ
ザカオ
でも確かそいつを倒すには祈祷の矢が…
シルク
シルク
それは大丈夫だ…しばゆーとダーマが5本ずつ持ってる
ンダホ
ンダホ
じゃあ大丈夫だ
その時シルクの携帯が鳴る
シルク
シルク
!てつやからだ
シルクは電話に出て話すそして数分後
シルク
シルク
よし、行くぞみんな
ザカオ
ザカオ
てつやからはなんて?
シルク
シルク
黒幕に突撃するなら今がチャンスだってさ。早くしないと大変なことになる…黒幕を倒しモトキを救出する
きょん
きょん
行ってください!そこにディーパーさんも送ります。きっと皆さんの助けになるでしょう…
シルク
シルク
📞てつや、ゆめまるの鏡を頼む!
シルクがそう言うと鏡が現れた。
はるくん
はるくん
皆さん…どうか気をつけて
ごーきジュニア
ごーきジュニア
みんなの仇を取り
ふぇると
ふぇると
モトキさんを助けてあげて…
ンダホ
ンダホ
うん…ありがとう…行ってくるね
マサイはぺけのベッドに向かった
マサイ
マサイ
ぺけ…お前の仇必ず取るからな…
絶対に帰ってくる…
マサイは眠っているぺけの額にキスをする
シルク
シルク
みんな…覚悟はいいか?
ダーマ
ダーマ
もちろんだ!
ンダホ
ンダホ
いつでもOK
ザカオ
ザカオ
これ以上犠牲者は出さない
マサイ
マサイ
傷付いたヤツらの仇は取る
ダーマ
ダーマ
そしてモトキを助け出す!
俺達は覚悟を決め鏡を通った。
鏡を通った先はあの神社の境内だった。そこには東海メンバーにディーパー、ドクター、楓さんにさくらもいる。
てつや
てつや
待ってたぞ…
りょう
りょう
しばゆー祈祷の矢はちゃんとある?
しばゆー
しばゆー
もちろん!
虫眼鏡
虫眼鏡
今回の戦いはこれだけの人数で行くと逆に危険だ…東海からはてつやとしばゆーが助っ人に入るよ…残りのみんなは結界を貼って黒幕が出てこれないようにする
ディーパー
ディーパー
外は僕達に任せてください
としみつ
としみつ
だから安心して黒幕をぶっ飛ばして来い
ンダホ
ンダホ
ありがとう!
楓
皆さんどうか気をつけて…
りょう
りょう
楓おばあちゃんはさくらちゃんと一緒に安全な場所へ
そう言うとさくら早く楓さんと一緒に神社の中へ入って行った
ドクター
ドクター
さぁタイムリミットは夜明けだよ…
虫眼鏡
虫眼鏡
時刻は夜中の0時半…
ダーマ
ダーマ
行こうぜみんな!
全員「おう!」
ディーパー
ディーパー
まずは道を開きます!
我が霊力よ…悪しき者の核への道を開き導け…霊符開廷
鏡の破片から道が開く。俺達は覚悟を決めそこに飛び込んだ…
ダーマ
ダーマ
(モトキ…絶対にお前を助け出してやるからな…そして…)
作者
作者
今回はここまでです!
遂に黒幕の元へ!
ドクター
ドクター
みんな…無事に帰ってきてね…
さくら
さくら
神様…先代の巫女様…どうか皆様をお守りください
作者
作者
それでは次回までバイバイ👋