無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

第52話
140
2022/05/24 16:54
王宮内
アイリスside
私は王宮の中を走っていた。
パパとママに会うために…ケイトとてつや達と一緒に…
シルク達はネークと戦ってる…
アイリス
アイリス
シルク…
てつや
てつや
大丈夫だ…シルク達は簡単には負けねぇよ
りょう
りょう
信じて…アイリスちゃんはパパとママの所へ急ごう
アイリス
アイリス
うん!
私達走る…パパとママがいる玉座に…そして玉座の部屋の近くにある広間まで着く。そこにはフィールがいた
フィール
フィール
やぁプリンセス…ご苦労さま…
アイリス
アイリス
フィール…
フィール
フィール
君みたいなまだ夢も持てない小娘を助けたキングとクイーンはこの先だよ
としみつ
としみつ
てめぇ…
ケイト
ケイト
フィール…思い出しましたよ…あなたはかつてマーガレット様を殺そうとした騎士ですね?
アイリス
アイリス
え?
ママを殺そうとした?
フィール
フィール
覚えていたのかい…ケイト・ブラード
ケイト
ケイト
えぇ…忘れるはずがございません…あなたは当時身篭っていたマーガレット様を殺そうとした…その時からアイリス様を狙っていたのですね…フィール・ブラード
虫眼鏡
虫眼鏡
ブラードって…まさか!?
ケイト
ケイト
はい私達は双子の兄弟です…
ケイトとフィールが兄弟…?
フィール
フィール
僕達は孤児だった…そんな俺たちをキングが引き取ったのさ…俺はこの世界が大嫌いだった…誰も助けてなんかくれなかった…周りの奴らは夢がどうの未来がどうのと話す…俺はそれがうんざりだった
そんな中フルーエル家に新たな命が宿った…俺はキングとクイーンの夢であり希望を壊し夢なんかくだらないものだと絶望させたかった!
ケイト
ケイト
あなたはどうして…
フィール
フィール
アイリス…君さえ居なければ俺は…
フィールは剣を私に向けた
ケイトも剣を抜きフィールの剣を受け流した
ケイト
ケイト
アイリス様…先にお進みください
アイリス
アイリス
ケイト!
ケイト
ケイト
これは私と奴の戦いです…私が蹴りをつけます…てつや様アイリス様を頼みますよ!
てつや
てつや
…わかった…
フィール
フィール
へぇ…ケイトお前はフルーエル家の味方なんだね…あんなに一緒に過ごしたのにさ…
ケイト
ケイト
当たり前です…あの日アスター様が我々を引き取ってくれなければ私は今ここにいません…そしてマーガレット様の暖かな心が私をいつも元気づけてくれた…私はそんな御二方の為に仕えるのです…もちろんアイリス様の為にも…フルーエル家は血が繋がってなくても私にとっては家族同然なんです!フルーエル家の夢は私の夢なのです!
アイリス
アイリス
ケイト!!
ケイトは私の為に色々教えてくれた…パパとママのためにずっと一緒だった…
ケイト
ケイト
行ってくださいアイリス様!
アイリス
アイリス
ケイト絶対に死なないでね!!
ケイト
ケイト
…逢瀬のままに…
私はてつや達と玉座の部屋に向かった。





















玉座
私達は玉座に着いた…部屋の扉を開けるとそこにはパパとママはいなかった…代わりに7つの石像とネークがいた
ネーク
ネーク
やぁまた会ったねプリンセス
しばゆー
しばゆー
なんでお前がここに!?
シルク達は!?
ネーク
ネーク
目の前にいるじゃないか…ここにね
アイリス
アイリス
え!?
シルク達が石になった?
ゆめまる
ゆめまる
おい…嘘だろ?
りょう
りょう
あのシルクたちが!?
アイリス
アイリス
シルク…
ネーク
ネーク
あっははは!どうだい僕の最高傑作は?
てつや
てつや
おいシルク!!目を覚ませよ!
ネーク
ネーク
無駄だよ…僕の石像は二度と元には戻れないからさ…
アイリス
アイリス
シルク…シルク!!
呼びかけても反応はない…私のせいでシルク達も…
ネーク
ネーク
夢なんて…すぐに消えるんだよ…みんな美しい夢を持ってる…だけどそんなに叶わない…ならばその美しい夢を消し去ってしまえばいい…石となり二度と叶うことは出来ない
てつや
てつや
へっ!夢が叶わないだって?消し去るだって?笑わせんな!夢は決して消えねぇよ!
としみつ
としみつ
何度消されようとも自分が強く願ってる以上誰にも消せねぇんだよ!!
アイリス
アイリス
……!!
しばゆー
しばゆー
そうだ!その夢は自分だけじゃない!家族、友、仲間にも影響する!
ゆめまる
ゆめまる
夢は自分で決めるもんだ!お前なんかに勝手に消されいいいもんじゃない!
りょう
りょう
願えばきっと叶う!そこから新しい夢を見つけられる
虫眼鏡
虫眼鏡
だからアイリス願って…信じてシルク達のことを!そしてネーク僕達が相手になるよ!
そうだ…パパもママも言ってた…ケイトも
私は信じるシルク達を!
私はシルク達の元に駆け寄って呼びかけた。
ネーク
ネーク
いいよ…作品の追加だ!
後ろでてつやたちが戦ってる。私はゆめまるさんの鏡のバリアに守られながらペンダントを握りシルク達に呼びかけた
アイリス
アイリス
シルク!目を覚まして!!お願い元に戻って!!
反応はない…でも諦めたくない…
アイリス
アイリス
ザカオ…自分だけじゃなく周りの夢も叶えるために動いている姿に私も元気をもらったよありがとう…

ンダホ…子供の為なら親は頑張れるって話してくれた時パパとママもそうなのかなって感じた…今思えば私をあの世界に飛ばしたのは私の為だったって気づいたよ…

ダーマ…普段は表に出ないけど本当はモトキやみんなのことを1番に思ってたんだね…私の事も気にかけてくれてありがとう…

モトキ…どんなに辛くても諦めない強い心…自分以外の誰かを思いやる優しさに私は勇気をもらったよ…ありがとう…

ぺけたん…シルク達がいない時いつも歌ってたね…話をしてくれた時亡くなった友達の夢も一緒に叶えるんだって言ってたよね…強い決意が私には伝わったよ…

マサイ…仲間や恋人のために自分に何が出来るのか考えて動いて行動するマサイの姿を見て私もそんな人になりたいって思ったよ…
私がそう呼びかけるとペンダントが光った
アイリス
アイリス
シルク…真っ先に私を受け入れてくれたのはシルクだよ…警戒していた私の心を解いてくれた…あの日シルクは言ったよ「大人になっても変えられない夢があるって」私にも夢を見つけられるって…熱い心と輝かしい夢を持ったシルクが私は大好きだよ…
ペンダントが強く輝く…
アイリス
アイリス
だから…お願い…一緒にパパとママを助けて…みんなの夢を守って!!
その時、みんなの体が強く光る
ネーク
ネーク
何!?
アイリス
アイリス
シルク…みんな…!
石化した体がどんどん元に戻っていった
しばゆー
しばゆー
シルク達が…!
虫眼鏡
虫眼鏡
強く願えば叶う…
そして完全にみんなは元に戻った
ザカオ
ザカオ
ここは…?
マサイ
マサイ
俺たち石化されて…
ンダホ
ンダホ
でも暖かい声が聞こえて…
シルク
シルク
…!アイリス…
シルクたちの姿を見て私は涙を零す
アイリス
アイリス
シルク…(ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀ )
ネーク
ネーク
馬鹿な!?石化が解けただと!?
私はシルクに抱きついた
アイリス
アイリス
うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁ
シルク
シルク
…そうか…あの声はアイリスだったんだな…ありがとうアイリス
モトキ
モトキ
アイリスの思いちゃんと伝わったよ
ダーマ
ダーマ
俺達は負けねぇよ…夢がある限り…
ぺけたん
ぺけたん
絶対にご両親を助けるし、みんなの夢を守って見せる!

















シルクside
てつや
てつや
シルク!
シルク
シルク
てつや、すまねぇ…ありがとな…
アイリス
アイリス
うっ…ヒク…グスン
シルク
シルク
アイリス…絶対にお前のパパとママ、夢の園助けてやる…
俺はネークの方を見る
ネーク
ネーク
馬鹿な…俺の石像は二度と元には戻らないはず!?
シルク
シルク
強く願えば叶う…アイリスの思いが俺たちを元の姿にしてくれたんだ…
ネーク
ネーク
嘘だ…夢を持ってねぇ何も出来ねぇガキが俺の石化を!?
シルク
シルク
アイリスはずっと戦おうとしてたんだ…こんな小さな体で…両親と自分の世界を守りたい一心で…
そんな事もわからねぇお前なんかに俺たちは負けねぇんだよ!
俺の宝石が強く光り輝く
体が熱い…いや体だけじゃない…心が燃えてる…
アイリス
アイリス
シルク…
シルク
シルク
これが心を燃やす真紅の炎の力…
バーニングハート・インフィルノ!!
炎の渦がネークに向かう
ネーク
ネーク
そんなもの…!
ネークは俺の攻撃を防ごうとするが熱く強い炎は奴を飲み込む
ネーク
ネーク
馬鹿な!?俺がこんな力に…
ああああああああぁぁぁ!
ネークはその場に膝を着いた
ネーク
ネーク
くっ…
しばゆー
しばゆー
すげぇ…
シルク
シルク
俺たちは夢の園を救いみんなの夢を守る…そのためにここで負ける訳には行かない
ネーク
ネーク
ちっ…認めねぇぞ…こんなの…
「ネークもういい…」
ネーク
ネーク
その声は…
アイリス
アイリス
あ…
てつや
てつや
誰だ!
部屋の入口から仮面の男が現れた
ネーク
ネーク
デューラ様…
デューラ
デューラ
ネーク君はもう十分さ
ネーク
ネーク
いいえ…まだやれます!
デューラ
デューラ
もういい…君の役目は終わりだ…
デューラという男はネークに手を向けて黒いエネルギー弾を放つ
ネーク
ネーク
がああああ!
デューラ様ぁぁぁ…!
そしてネークはそのまま消えてしまった
こいつ自分の仲間を…!
デューラ
デューラ
ふぅ…初めましてプリンセス…
私はデューラ…メタリアのボスと言っておこうか
こいつがメタリアのボス…
仮面の男はこちらを見てにやりと笑っていた
作者
作者
今回はここまでです!
星野スバル
星野スバル
ケイトとフィールの関係
石化から開放されたシルク達
現れたメタリアのボス…
トミック
トミック
果たして夢の園を救うことが出来るのか?
作者
作者
それでは次回までバイバイ👋