無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
75
2019/09/06

第1話

1話
私は、ある日何故か分からないけど
あの涼介様にあこがれて私も男装して○○学園に入学した。


「やばい、、遅刻する、、」

着替えが終わり学校行く準備して
家を出て道を歩いていると



女子1 「きゃぁ~‪‪‪‪♡」

女子2 「誰あのイケメン」

学校は違うけど通りかかった女子に
イケメンとか言われた

男子1 「ほんと誰だよ、糞イケメンじゃん」

男子2 「あの優等生の涼介様よりイケメン」

男子3 「やべっ、、後ろにいたし、、」

涼介 「誰だよ、俺が1番じゃねぇのかよ
こっち向けよ、おい!」

玲於 「なんだよ、」

大貴 「ねぇ、君さ今日から俺らの学校に転校してくるの?」

玲於 「そうだけど、遅刻するんで、んじゃ」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

玲於の心の声

大丈夫かなぁ、、バレないかな、、
確かにかっこよかったな、、
そんなこと思ってるばぁいじゃない、、
それより早く、、慣れなきゃ、、