無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

28
2019/09/08

第6話

6話
大貴  「玲於~おはよう!」

玲於 「お、朝から元気だな笑」

圭人 「玲於、おはよう!」

玲於 「おう、おはよ」

玲於 「御前らいつも一緒なんだな」

JUMP 「おう、!」

玲於 「仲良いんだなニコッ」

涼介 「喋ってる途中で申し訳ないけど、御前さ、俺の1番取るなよ」

玲於 「なにが?」

涼介 「御前が来てからさ、女子なんてずっと御前と一緒じゃん、玲於様とか言いあがって」

玲於 「じゃぁさ、俺の存在が邪魔ってこと?」

涼介 「うん。」

薮 「おい、そこまで言う必要ねぇだろ」

知念 「そうだよ、」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
玲於said

涼介ったら酷いよ、、昔は優しくしてくれたじゃん、、はぁ、、

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

大貴 「大丈夫?」

すると肩を組もうとする

玲於 「やめて、、触んないで」

肩を組んでしまい

大貴 「あれ?肩幅少し狭くない?女の子みたいな躰してる」

玲於 「、、、もういい、帰る、、」

走って帰り