無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

38
2019/09/06

第3話

3話
昨日は普通に帰っちゃったけど
昨日のことは忘れて普通に登校しよう


女子1 「きゃぁ~♡」

女子2 「あの玲於様だぁ~♡」

女子3 「玲於様~♡おはようございます!」

玲於 「おはよう、」

女子 「きゃぁ~玲於様が挨拶してくれたァ♡」

女子 「玲於様~一緒に学校に行ってもいいですか?」

玲於 「おう、もちろんだよ」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

涼介 「あぁ、、俺の1番はどこいったんだよぉ、、」

知念 「まぁまぁ、弱気になるなよ」

光 「ほら、遅刻するぞ?」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
学校に着いて

玲於 「おはよう~」

女子達 「きゃぁ~玲於様だぁ~♡」

俺はいつも通り席に着く

大貴 「玲於~おはよう!」

玲於 「大貴、おはよう、」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
いつも短くてすみません😖💦
次は長くしようと思います!