無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3.
山 崎 賢 人
山 崎 賢 人
㌧㌧これ落としましたよ、?
you
え、あありがとうございます。。
て、えええぇ
や、山崎賢人!?!?
山 崎 賢 人
山 崎 賢 人
もしかしてりょうのマネージャーサン?
you
そ、そうですけど…
「次、山崎賢人さんでーす。」
山 崎 賢 人
山 崎 賢 人
はーい、!
山 崎 賢 人
山 崎 賢 人
じゃあまた今度ね!
you
えと、、はい!失礼します、?
また…今度?また会えるってこと!?
神 崎
なにボーッとしてんだ。
you
うおぉ、神崎さん。。
神 崎
今日打ち上げがあるからお前も来い。
you
打ち上げ!?はい行きます!!
「かんぱーーい!!」
三 好
へぇあなたちゃん20歳なんだあ!
じゃあもうビール飲めるぅ?
you
それが飲んだことないです。。
三 好
じゃあ飲んでみなよ!!美味しいよぉ
うーん、どうしよ。。でもここで飲まなきゃ空気を悪くしちゃうよね、、
you
じゃあちょっとだk
吉 沢 亮
吉 沢 亮
ゴクゴクッ
「あれっ!吉沢クンに山崎クン来てくれたんだね!」
吉 沢 亮
吉 沢 亮
プハーーうめぇ!!
山 崎 賢 人
山 崎 賢 人
ちょそれあなたちゃんのだよ?何やってんの
you
あ!全然大丈夫です!!
てかさりげなく名前呼びびびぃ
やべえぇイケメンだ
「ガハハハッてめぇそれはねぇーよ」

「なんだよぉ相手してくれよぉ」

「俺はなぁもっとでかくなる男なんだよ!!」
なんか段々酔っ払い達が増えてきたな、、
三 好
ねぇねぇあなたちゃんって肌スベスベなんだねヒック
ゾワワワ
キモイ気持ち悪い 今めっちゃ鳥肌たった。。
you
はあ、どーもありがとうございます.
三 好
つれないなぁぁ
このまま2人でどっかいくぅ?
you
行きません。ちょっと御手洗行ってきます。
フゥ酔っ払いの相手は疲れる、、
吉沢サンは何してんだろ

チラッ

めっちゃ女子たちに囲まれてる…笑
you
ハァ
山 崎 賢 人
山 崎 賢 人
溜息なんかついて、どったの?
you
うわっ山崎サン、
山 崎 賢 人
山 崎 賢 人
なにその反応笑
ちょっと傷付くなぁ笑
そういう訳ではないんだ。。
すみません。。
you
す、すみません…
山 崎 賢 人
山 崎 賢 人
りょう、すごい人気だよね
羨ましいわあ
you
て山崎サンもすっごい人気あるじゃないですか!
山 崎 賢 人
山 崎 賢 人
お!嬉しい!ありがとう!
you
どういたしまして、?
山 崎 賢 人
山 崎 賢 人
あなたちゃんてちと天然入ってるよね
you
天然なのは山崎サンの方ですよね!?
山 崎 賢 人
山 崎 賢 人
そんなわけないじゃん~
吉 沢 亮
吉 沢 亮
なんか楽しそうだねぇぇ
俺も混ぜてよ!
よ、吉沢サン//
酔っ払ってらっしゃる。。かわいいいいぃ
山 崎 賢 人
山 崎 賢 人
なににやけてんの笑
you
に、にやけてません!
山 崎 賢 人
山 崎 賢 人
嘘だあ~
吉 沢 亮
吉 沢 亮
…なんか2人仲良くなったね
山 崎 賢 人
山 崎 賢 人
なに!りょう妬いてんの?
吉 沢 亮
吉 沢 亮
な!妬いてねーし
何この2人の会話…尊い尊すぎる

やだこれなにこれ。ずっと聞いていたい





To be continued.

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Ꭿ
16 " Japanese archery ・ 吉 沢 亮
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る