無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

65
2021/09/02

第8話

7





みんなで旅行に行ってから





何だかイライラする日々が続いた






結婚しなければ…






結婚しなければ、樹と一緒に居れたんじゃ?







上手くいかない…







そんなことに、イライラして






そんな自分が嫌で






情緒不安定だった









全部自分が選んで来た人生なのにね。





樹に会いたいと思う気持ち







でも、会ってしまうと止まらない気持ち







それと…







罪悪感…







その気持ちの間に、挟まれていた










考えれば考えるほど







蟻地獄のように





見えない底に落ちていくことに






この時の私は、気づいてなかった





樹に会いたいと気持ちが優先し






気付いたら、樹に連絡をしようと





樹とのtalk画面を開いていた









でも、ふと我に戻る







数日、そんなことを繰り返した














迷っている自分が、ある日の夜…





負けた








樹に「会いたい」




って、送った










すぐに返信があり







「会いに行ってもいい?」







樹からそう返信がらあった







一気に目が覚めて






「うん♡」






と、返し






そのまま、週末会うことに






今回は、日曜の朝から夜まで





もちろん、それまでに自分を仕上げる








でもやっぱり、時々ボロが出るんだろうね





旦那に「なんでパックなんかしてんの?」




って、聞かれた





「最近…なんか肌の調子悪くて…」





なんて、ありきたりな言い訳…






何を言われても構わない。






ただ、樹に会いたいだけ







その一心だった











日曜日の朝_______



5時に起きて、家事を済ませる






3食分のご飯の支度をして




8時に家を出ようと準備をしていた




旦那
めっちゃ早起きじゃん
あなた
あーうん。
〇〇とね、ちょっと朝早くから並びたいお店があって…
旦那
へぇー…




なんとか8時に全部終えて、家を出た




徒歩で駅まで行き、電車に乗る






休日だけど、人が多いな…




そんなことを思いながら、

樹に電車に乗ったことを伝える





樹も新幹線で、もうすぐ着くと返信があった






数駅電車に揺られて、繁華街にある駅に着いた






駅前のカフェで、樹を待った







20分後______



カフェの外に、樹の姿が見えた






私が気付くと、微笑みながら手を上げてくれた








結構待ったでしょ?
あなた
大丈夫だよー
とりあえず、コーヒー買ってくる
あなた
うん



樹は、荷物を置いてコーヒーを買いに

カウンターに向かった




少しして、コーヒーと軽食を持って

樹が戻ってきた




コーヒーを飲みながら

ねぇねぇー
あなた、今日なにする?
あなた
んー…
何しよ?考えて無かった
じゃーさー
デートしよ?
あなた
デート…
だめ?
あなた
いいよ?
やったー!!
じゃー俺に任せてくれない?
あなた
うん!!もちろん!!
あと、20分ここで時間潰していい?
あなた
うん?いいよー



コーヒーを飲みながら、

他愛もない会話をする




目の前の樹が笑ってくれてる





ただ…それだけで良かった










それから、カーシェアリングで車を借りて



山の上にある牧場に行った






羊の群れが走ってきてはしゃいだ





やべぇー!!
羊やべぇーじゃん!!
あなた!!危ないよ?
あなた
樹ーーー!!
でも、可愛い!!
やだ!!
俺、怖い!!
あなた
こっち来てよー!!



羊の大群にビビる樹(笑)




樹の手を引き、羊と触れ合った






めっちゃもふもふしてんじゃん!!
あなた
でしょ?可愛いよね?
あなたの次に好きかもー



そう言いながら、私の頭もなでなで…



あなた
私、羊じゃないよー!!
羊より可愛いよ?
あなた
ばか…
あ、あっちにアルパカ居るって
行こー





アルパカの方に向かって歩き出した




その時、樹のスマホが鳴った






ちょっとだけ、ごめんね?



そう言ってスマホをポケットから取り出した樹が固まった





〇〇(旦那)だわ…
出るね?
あなた
うん…



樹は、私の旦那からの電話に出た…