無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

Pate Three
はぁ、やばいなんか勢いで来てしまった…

【ガチャッ】

マサイ
マサイ
さぁ、はいって
そう、私は今マサイの家に来ている。
櫻井 彩羽
櫻井 彩羽
し、失礼しますっ
シルク
シルク
そんなに緊張しなくていいよw
モトキ
モトキ
ほらっ肩の力抜いて?
〈モトキが私の方を揺らす〉
櫻井 彩羽
櫻井 彩羽
!?
モトキ
モトキ
あ、ごめん驚いた?
シルク
シルク
モトキ驚かすなよw
ンダホ
ンダホ
まぁとりあえず自己紹介からしようよ
シルク
シルク
そうだな、じゃあ俺から。
知ってると思うけど『シルクロード』って言います。一応Fisher'sリーダーです。
ンダホ
ンダホ
俺は『ンダホ』よろしくね
モトキ
モトキ
俺は『モトキ』よろしく〜
マサイ
マサイ
俺は『マサイ』よろしく
ンダホ
ンダホ
じゃあさ、彩羽ちゃんの歓迎会しない?
マサイ
マサイ
いいねぇ!
モトキ
モトキ
なら出前でも頼もうか!
櫻井 彩羽
櫻井 彩羽
あ、あの…
大丈夫ですよ?そんなにしなくても
シルク
シルク
そんなに遠慮しなくていいよ?
俺らがしたくてしてるんだし
櫻井 彩羽
櫻井 彩羽
ほんとに…大丈夫ですか?
ンダホ
ンダホ
大丈夫だって‼
モトキピザ頼んでー
モトキ
モトキ
OK
そう言ってモトキはピザを頼みだした
これが現実なのかまだよく分からない。
その約30分後、ピザがとどいた
シルク
シルク
よし、それじゃはじめようか!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Aki@怜桜†
Aki@怜桜†
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る