前の話
一覧へ
次の話

第1話

プログール
24
2022/08/20 05:48
夏の日。
私は今も1000人を殺した罪を背負いながらのうのうと生きていた。
3時ごろに電車に乗り美術館へ行った。
揺れるガタンゴトンという音が「タイムカプセル」という言葉に聞こえた。
そして思い出す。
タイムカプセルを埋めた場所。
私は走ってそこまで向かってシャベルでザックザックと掘った。
中に入っていたのは




殺した1000人の心臓と私が殺し屋をやっていた頃の包丁が入っていた。

プリ小説オーディオドラマ