第51話

50
なんと、藤川まてまもが何かを隠したよくな表情で声をかけてきたのだ
藤川一男
藤川一男
あのさぁ、白石?
白石恵
白石恵
ん?
藤川一男
藤川一男
俺のことなんだけど、
白石恵
白石恵
どうした?
藤川一男
藤川一男
整形外科の大原部長からさ、一年こっちで働いてくれないかって言われててさ、どう思う?
白石恵
白石恵
すごい、藤川先生!頼りにされてるじゃない……
藤川一男
藤川一男
即戦力……なんつって
白石恵
白石恵
そうね、藤川先生、頼りになるから……
藤川一男
藤川一男
何か改まって言われると照れるなぁ~
白石恵
白石恵
いつから?
藤川一男
藤川一男
1ヶ月後
白石恵
白石恵
そう、頑張ってきて
藤川一男
藤川一男
おう、サンキュー
こうして、藍沢、緋山、藤川のシニア三人がいない救命が1ヶ月後からスタートすることになったのだ。