無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第71話

71
名取は、、、
名取颯馬
名取颯馬
え?ちょ、あの~、理解ができないんですが~
藍沢耕作
藍沢耕作
とりあえずじっとしてろ
名取颯馬
名取颯馬
はい
藍沢耕作
藍沢耕作
メス
藤川一男
藤川一男
おう
藍沢耕作
藍沢耕作
ペアン
藤川一男
藤川一男
ほい
藍沢が、名取の動脈を見つけるためにペアンで脂肪を露出させようとしたときだ、名取の脚に感覚が戻ったかのように激しい激痛がおそいかかった
名取颯馬
名取颯馬
ウワァー、ヴッって~
藤川一男
藤川一男
ダメだ藍沢、一回麻酔かけよう
藍沢耕作
藍沢耕作
そんな時間はない
そのとき、藍沢が白石から作業終了の合図を受けてからすでに15分が経過していた
藤川一男
藤川一男
でもよぉー
藍沢耕作
藍沢耕作
このままだと、飛行機の機体が沈む
名取颯馬
名取颯馬
えっ?
藤川一男
藤川一男
おい、嘘だろ?
藍沢耕作
藍沢耕作
だから名取、我慢しろ
名取颯馬
名取颯馬
ウッ
その後も藍沢は、処置を恐るべき速さでこなしていった。その分、名取が感じた痛みも大きかった。
藍沢耕作
藍沢耕作
よし、縫合終わった。時間がない速くかつ慎重に抜くぞ、
藤川一男
藤川一男
おう
藍沢耕作
藍沢耕作
いくぞ、12ッ3
名取颯馬
名取颯馬
ヴぁ~、
この頃の名取は、すでに痛みで昏睡状態になっていた
藍沢耕作
藍沢耕作
おい、名取、しっかりしろ
白石恵
白石恵
📞無線
ねぇ?藍沢先生?
遅くない?なんかあった?大丈夫?
藍沢耕作
藍沢耕作
📞無線
心配するな、今から戻る
白石恵
白石恵
📞無線
もう時間がない、急いで
藍沢耕作
藍沢耕作
📞無線 
わかってる
藤川一男
藤川一男
すいません、担架、ありますか?
消防
消防
届くまで時間が、かかります
藍沢耕作
藍沢耕作
もういい、俺が名取をおぶる、藤川は灰谷を見ろ
藤川一男
藤川一男
わかった
名取颯馬
名取颯馬
なんか、すいません
藤川一男
藤川一男
心配するな、困ったときは、お互い様だ、
グラッ
藍沢が、名取をおぶろうとしたとき、機体が大きく揺れた
藍沢耕作
藍沢耕作
急ぐぞ、