無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

事故から2日後…
カンファレンスにて
白石恵
白石恵
今日から泉里香さんが、一般病棟に移動されます。あなた先生、挨拶とお見送りお願いね、
あなた

はい!

白石恵
白石恵
以上です。今日も1日よろしくお願いします。
全員
はい!
医局にて
藤川一男
藤川一男
なーんか今日暇だなぁ、
白車すら来ないよ、
緋山美帆子
緋山美帆子
ほんと、平和って感じー
冴島はるか
冴島はるか
いいことじゃないですか、
ねぇ、白石先生
白石恵
白石恵
そうね、
あなた

白石先生、泉さん一般病棟まで送ってきました。

白石恵
白石恵
お疲れ様、ありがとう。
あなた

はい!

あなた

今日なんかなにもないですね、

藤川一男
藤川一男
そーなんだよなー
なんもないんだよー
あなた

いいですね、平和で、

白石恵
白石恵
はい、いくら暇でも書類たまってるよ、
緋山美帆子
緋山美帆子
はぁー?
なんなの?
休む暇ないの?
藤川一男
藤川一男
俺も休みてぇーなぁー
冴島はるか
冴島はるか
余計なこと言わない
藤川一男
藤川一男
はい、 
白石恵
白石恵
やっちゃうよ、
あなた

どんどん終わらせましょう!

珍しく藤川が張り切ったため、冴島は嫌な予感がした。
と、そのとき、ホットラインが生ぬるい空気を一瞬で変えた。