無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

54
あっという間に1週間が過ぎた。藍沢、緋山、藤川がいなくなるまであと3週間、つまり21日……ついに白石が動き出した、
部長室にて、
白石恵
白石恵
(コンコンッ)
失礼します。
橘啓輔
橘啓輔
おぅ、白石。なんかあったか?
白石恵
白石恵
あの~、私も色々学びたいと思いまして、心臓外科にいきたいのですが。。。
橘啓輔
橘啓輔
お前、まさかスタッフリーダーを降りるとかじゃないよなぁ?
白石恵
白石恵
すみません、言い方が悪いですね、籍は救命のままで、心臓外科のフェローみたいな感じで、曜日を決めてオペに入らせていただいたり、見学させていただきたいと思いまして……
橘啓輔
橘啓輔
俺は、別にいいが、お前、そんなんで大丈夫かー?
白石恵
白石恵
はい、みんなには多少の迷惑がかかるかもしれませんが、来月からちょうどシフトの変更もあるので、いきたいのですが。。。
橘啓輔
橘啓輔
おう、じゃあ心臓外科の先生には俺から話しておく。だが、くれぐれも無理はするなよ?
白石恵
白石恵
はい、ありがとうございます!来月からのシフトは、明日持ってきます。