無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第95話

87
藍沢耕作
藍沢耕作
白石、これ
白石は慌てて書類を藍沢の手から取り上げた
白石恵
白石恵
え、ぁ、なんでもない
藍沢耕作
藍沢耕作
誰のだ?
白石恵
白石恵
えー、あー、今見てる患者さんの?
この時白石はラッキーなことに藍沢に患者名を見られてないと思っていたのだ。
藍沢耕作
藍沢耕作
事実を言え
白石恵
白石恵
え、事実よ
藍沢耕作
藍沢耕作
本とはお前のだろ
白石恵
白石恵
なんだ、わかってたの?
藍沢耕作
藍沢耕作
当たり前だろ
白石恵
白石恵
(フラッ
藍沢耕作
藍沢耕作
(白石を支える
白石恵
白石恵
ぁ、ごめん、
藍沢耕作
藍沢耕作
大丈夫か
白石恵
白石恵
ええ、大丈夫よ
そう言って白石は立ち去ろうとした
しかし体は正直だ
力が入らなかったのだ
白石恵
白石恵
ごめん、やっぱり歩けない
藍沢耕作
藍沢耕作
仮眠室で点滴するぞ
白石恵
白石恵
うん、ごめん、
周りには言わないで
藍沢耕作
藍沢耕作
わかった
白石恵
白石恵
約束よ
藍沢耕作
藍沢耕作
お前も無理はするな
約束だ
白石恵
白石恵
はい
こうして白石は藍沢におぶられて仮眠室まで行った
作者
作者
白石のもっていた書類にかいてあった事実とは……
一体どんな病なのでしょう?
続きも♥️が30個来たら更新します‼️