無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

めぐりあい にて……
メリージェーン洋子
あらーブスたち
いらっしゃい💋
さ、さ、座って座って!
白石恵
白石恵
ありがと
緋山美帆子
緋山美帆子
白石、あんた明日朝早いんだからあんまり飲まないでね、
冴島はるか
冴島はるか
お願いしますよ?
白石恵
白石恵
はい、
メリージェーン洋子
なに、ブス、
明日早いの?
白石恵
白石恵
そうです。なので、お酒は遠慮しておきます
冴島はるか
冴島はるか
私は明日午後からなので、いただきます❗
緋山美帆子
緋山美帆子
あたしも飲む~
白石恵
白石恵
え、緋山先生も午後から?
緋山美帆子
緋山美帆子
そーだよ、何?
朝早いと思った?
白石恵
白石恵
むー
白石恵
白石恵
あ、で、話の続きなんだけど
緋山美帆子
緋山美帆子
あー、灰谷とあなたの?
白石恵
白石恵
そう
冴島はるか
冴島はるか
もしかして出来てたりするんですかね?
白石恵
白石恵
いや、わかんないけど、どう思う?
緋山美帆子
緋山美帆子
出来てるんじゃね?
冴島はるか
冴島はるか
明日きいてくださいよー
白石恵
白石恵
え、あたしが?
緋山美帆子
緋山美帆子
だってこの話白石から始めたんじゃん
メリージェーン洋子
え、何?誰ができてるのよ?
緋山美帆子
緋山美帆子
フェローの灰谷と研修のあなた
メリージェーン洋子
灰谷ってあのパットしない感じの?
緋山美帆子
緋山美帆子
そそ
メリージェーン洋子
え、その相手のあなたって子可愛いの?
冴島はるか
冴島はるか
んー、まぁ、普通よりは可愛いですかね、
白石恵
白石恵
イヤー、可愛いでしょ、
冴島はるか
冴島はるか
とりあえず、白石先生、お願いしますよ?
緋山美帆子
緋山美帆子
あ、し、た
メリージェーン洋子
そうよ、次回来たときに教えなさいよ!
白石恵
白石恵
え、でも、隠してる感じだったしー……
そこまで言うならどっちかが聞けばいいじゃん
緋山美帆子
緋山美帆子
あなたと一番関わりがあるのは白石でしょ?
白石恵
白石恵
いや、でも、忙しいから、
緋山美帆子
緋山美帆子
はー?
白石恵
白石恵
あ、そういえば冴島さん、明日当直あなた先生と一緒だよね?
冴島はるか
冴島はるか
まぁ、そうですけど、
白石恵
白石恵
ならお願いします
冴島はるか
冴島はるか
えー
緋山美帆子
緋山美帆子
お願い
冴島はるか
冴島はるか
んー
メリージェーン洋子
お、ね、が、い
冴島はるか
冴島はるか
ん、わかりました、でも、聞けたらですよ?
その後、緋山と冴島は、ベロンベロンに酔ってしまい、白石が、冴島を送り届けて、緋山と帰ったのは、なんと一時だった