無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

58
みんなが積極的に仕事に取り組んでいる。
すごく、いいことだと思う。それにフェローも仕事にたいしての考え方が変わってきているようなきがする。少しだけ、ほんの少しだけ寂しい気がする。でも、それ以上に成長したことに嬉しく思う
めぐりあい   にて
緋山美帆子
緋山美帆子
フェロー達もホントに成長したよね~
藤川一男
藤川一男
まあな~、とかいってよーお前が面倒見てるの名取くらいじゃん
緋山美帆子
緋山美帆子
そんなことないよー
藤川一男
藤川一男
後の二人名前も言えないんじゃないのぉ~?
緋山美帆子
緋山美帆子
言えるよ、名前くらい
灰谷と横田
藤川一男
藤川一男
……
冴島はるか
冴島はるか
……
白石恵
白石恵
ごめん、遅くなった~
藍沢耕作
藍沢耕作
……
メリージェーン洋子
こー作~
んーまっ💋、んーまっ💋
メリージェーン洋子
あらやだ、耕作、ブスと来たのぉ~?
あたし、ブスに耕作とられたの?
白石恵
白石恵
あ、ブスって言った
メリージェーン洋子
やだぁー、言ってないわよぉ❣️
白石恵
白石恵
それに、私達は、そういう関係じゃない
緋山美帆子
緋山美帆子
わかんないよぉー?
藍沢は白石のことが好きかもよぉー?
白石恵
白石恵
何?緋山先生、もう酔ってるの?
緋山美帆子
緋山美帆子
違う
これ、真面目な話ね?
白石恵
白石恵
えー、そんなことないよ、藍沢先生が私のことを何か好きな分けないよ
緋山美帆子
緋山美帆子
藍沢本当は?
藍沢耕作
藍沢耕作
白石、お前のことがずっと好きだった。でも、もうすぐ俺はトロントに行く。いつ帰ってくるかわからない。だから今まで本当のことを言えなかった。だが、俺はお前が好きだ。付き合ってくれ
白石恵
白石恵
ヒック、ウッ、ヒック、ウッ……
こんだわだじでよがっだら、おでがいじまずぅ~こんな私でよかったら、お願いします
緋山美帆子
緋山美帆子
よかったね、藍沢
藍沢耕作
藍沢耕作
本当に、本当に俺でいいのか?
白石恵
白石恵
うん、藍沢先生がいいの
藍沢耕作
藍沢耕作
ありがとう、白石
メリージェーン洋子
ちょっとなに~?
私への当て付け~?まぁ、耕作が幸せなら許してあげる♥️