無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3話
駿佑side
2人を会わせてはみたけど…
謙杜はニコニコしかしてへんし、
あなたは俺の後ろに隠れてるし
道枝駿佑
道枝駿佑
自己紹介でもしたら?
長尾謙杜
長尾謙杜
せやな!葉月さん出てきてー?
葉月
葉月
うん…
やっと俺の後ろから横に移動した
緊張しすぎ、笑
長尾謙杜
長尾謙杜
えっと、長尾謙杜です!みっちーとは去年同じクラスで仲良くなってん!あとは…あっ、タピオカが好きです。笑
長尾謙杜
長尾謙杜
下の名前で、謙杜って呼んでくれてええよー!
葉月
葉月
分かった、!
長尾謙杜
長尾謙杜
じゃあ次葉月さんどうぞっ
葉月
葉月
は、葉月あなたです!しゅんとは幼なじみで……えっと…あっ、私もタピオカ好きです!
長尾謙杜
長尾謙杜
そうなん!?
葉月
葉月
うん…!私も名前であなたって呼んでください!
長尾謙杜
長尾謙杜
分かった!あなたちゃんね
あなたちゃん…か、
なんか割とすぐ仲良くなりそう…?
いやでもあなたは人見知りやし
大丈夫だよな
道枝駿佑
道枝駿佑
よし、自己紹介も終わったし帰ろ
葉月
葉月
うん!謙杜くんも行こ…!
長尾謙杜
長尾謙杜
え!僕も一緒に!?
葉月
葉月
え…違うん?
道枝駿佑
道枝駿佑
謙杜もだよ
長尾謙杜
長尾謙杜
ええの!?やったぁぁぁぁあ!
道枝駿佑
道枝駿佑
そんな喜ぶ?笑
長尾謙杜
長尾謙杜
喜ぶよ!みっちーとあなたちゃんは家どっち?
葉月
葉月
私たちは左行くよ。謙杜くんは?
長尾謙杜
長尾謙杜
僕も左!
葉月
葉月
てか知らなかったん?
道枝駿佑
道枝駿佑
俺ら家で遊んだことないもんなー
葉月
葉月
一緒に帰ったことも?
長尾謙杜
長尾謙杜
ない!だってみっちー行き帰りはあなたちゃんとやからって
道枝駿佑
道枝駿佑
ちょっ、
それ言うなよ…
なんか恥ずかしい…//
葉月
葉月
あ、そっか!確かに笑
道枝駿佑
道枝駿佑
もうなんでもええから早く帰ろっ
長尾謙杜
長尾謙杜
うん!
なんかあなたと学校来たり返ったりするのを俺だけ楽しみにしてるみたいやん
謙杜…なんでも喋りそうで怖いんやけど…
あぁぁぁあ、この2人見てると落ち着かへんわ
まあ2人とも俺の大切な人やけどな