無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ



俺が今までで好きになったのはキミだけ




もちろんこれから好きになるのも。



キミにとって俺はそういう存在やなかった?



ずっと近くにいたのは俺なのに…



どこでだろう。



どこで間違えたんかな?



諦めるべきなのは…俺?



それにしたって酷いよ
















キミが好きになったのが、俺の親友だなんて…。