無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

彼女の魅力、惹かれる自分
_彩葉@いろは_
彩葉いろは
珠夏しゅかっ見てみて!
グループ(2人だけだけど)を結成
して、この間の土曜に動画を作成、
それをYouTubeに投稿した。
その次週の月曜日の1限目。
彩葉いろはが教師の目を盗んで、
学校でスマホを見せつけてきた。
_彩葉@いろは_
彩葉いろは
この間の動画!
再生回数が10万突破したよ!
_珠夏@しゅか_
珠夏しゅか
10万?!
予想よりも遥かに多いその回数に、
俺は思わず大きな声を出した。
教師がこちらを向いて顔を顰めたので、
会釈をしてノートをとるフリをする。
彩葉は興奮気味の表情で
一息にいろいろなことを語った。
_彩葉@いろは_
彩葉いろは
それだけじゃないの!
コメントもすごいし
フォロワーもヤバい。
Twitter連携したじゃん?
そっちのも予想と桁違い!
_彩葉@いろは_
彩葉いろは
珠夏の歌、素敵だもんね!
朗らかな表情で笑う君に、
自分の表情も柔らかくなったのに気づく。
_珠夏@しゅか_
珠夏しゅか
彩葉の歌とギターが上手いからだよ
昔からそうだ。
俺は何かと、彼女につられる。
曲を作り始めたのだって、
彼女が歌うのが好きだと言ったからだ。
_彩葉@いろは_
彩葉いろは
ところでさ、珠夏
私に何か隠してるでしょ
_珠夏@しゅか_
珠夏しゅか
え?
_彩葉@いろは_
彩葉いろは
どうせ名前の候補、
他にもあったんじゃないの?
彩葉の勘の良さには、
いつも驚かされる。
自分が一番隠したいことを、
ピシャリと当ててしまう。
まさに超能力なんじゃないかと
思ったりもするほどに。
_珠夏@しゅか_
珠夏しゅか
……あったけど、いいんだ
_彩葉@いろは_
彩葉いろは
なんで?聞いてみたい
_珠夏@しゅか_
珠夏しゅか
もう動画もあげたし、
今から変えたら変だよ。
何言われるかわからない
_彩葉@いろは_
彩葉いろは
えぇ、ケチ
プクッと頬をふくらませ、
ノートに向き直る。
やっと
教師に目をつけられたことを
理解したらしかった。
♢
_彩葉@いろは_
彩葉いろは
で、教えてくれないの?
_珠夏@しゅか_
珠夏しゅか
教えない、絶対
昼休み。
未だに
聞き出そうとしてくる彩葉に
ムキになっている自分がいる。
こんな小さなこと、
伝えてしまえばいいのに。
_彩葉@いろは_
彩葉いろは
なんでー?
私、珠夏に秘密なんて
つくったことないじゃん
_珠夏@しゅか_
珠夏しゅか
彩葉と俺は別の人間。
自分を他人ひとに重ねると
ろくな事がないよ
_彩葉@いろは_
彩葉いろは
そうなの?
冗談のつもりで言ったのに、
真に受けて悩み始めるのも
彼女の魅力で
_彩葉@いろは_
彩葉いろは
珠夏はいろんなこと知ってるね
肯定の上手さもまた、
人に好かれる理由だ。
_珠夏@しゅか_
珠夏しゅか
経験談だから
_彩葉@いろは_
彩葉いろは
え?
_珠夏@しゅか_
珠夏しゅか
嘘だよ
_彩葉@いろは_
彩葉いろは
え?
ころころと表情が変わる
彼女の顔を見て、俺は笑う。
_珠夏@しゅか_
珠夏しゅか
彩葉は面白いね。
見ていて飽きない
_彩葉@いろは_
彩葉いろは
…バカにしてるでしょ
_珠夏@しゅか_
珠夏しゅか
してないしてない











──この時の俺は



















想像すらしていなかった。



















彼女が、いなくなってしまうなんて。