無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

なぴるんのマフィアパロ(コピペですまん)
642
2022/01/29 02:45
道草ぁ!!書いたぜい!!

※観覧は全て自己責任でお願いいたします

🔞🔞🔞

🐱→るんくん

🐰→なぴくん

るんくん視点

俺はあーるん。

マフィアの一員だ

そして今、敵のマフィアに潜入している

🐱「建物のデータは、、、っと」

❓「なーにしてるの?♪」

!?ばれた!?

🐱「あ、いや、これは、、、」

やば、、、ボスのなぴとかいうやつじゃん()

🐰「君、最近入った子だよね?」

🐱「は、はい、、、」

🐰「で、何してたの?」

🐱「これはなにかなと、、、入ったばかりなので、、」

🐰「残念だけど、言い訳は通用しないよ?」

ヤバいヤバいヤバい

この状況をどうやって切り抜けよう()

今までバレずにできてたんだけどな、、、←

🐱「い、言い訳って、、、?」

🐰「君、あーるん。くんだっけ。正直に答えないと後はないよ?君、スパイでしょ」

🐱「いや、ちが、、、」

🐰「ふっwまぁいいや。今日は楽しませてもらうよ❤️」

🐱「は、、、?」

『ドサッ』

ど、どどどとどどどとういう状況!?

え、なんでベッドに押し倒されてるわけ!?

このまま殺される系、、、?

🐰「いや~、かわいい子でよかった❤️躾がいがありそう❤️」

は?躾?俺は殺されるんじゃないのか、、、?

🐱「???」

🐰「ね、あーるん。くんて長いからるんくんでいい?」

🐱「いいです、けど、、、」

え?ほんとにどういう状況、、、?

🐰「じゃ、いただきま~す❤️

チュッ///」

🐱「んンッ!?!?!?」

は?きっしょなになになに!?

急にき、、、キス、、、してきて!?///は?え、俺男だぞ!?

🐰「ん、、グチュッ❤️レロ、、、///」

🐱「あッ、、ふ、んう、、、ッ///(ビクッ)」

舌!?!?///

🐰「ッ、、はぁ、かわいかったよ///」

🐱「な、なにッして、、、、!?//」

🐰「え?るんくんが素直になってくれるように躾てるんだよ?」

🐱「は、、、?サー」

躾ってまさか、、、、

🐰「いろいろ情報聞き出したいし、ちょうどるんくんみたいなペットが欲しかったんだよね~」

🐱「ペッ、ペットって、、、」

(こっから視点ときないっすbay作者)

🐰「一生かわいがってあげるからね❤️」

🐱「やッやめ、、、!」

🐰「あ、ダメだよ逃げちゃ?」

グイッ ドサッ

🐱「俺ッ男だから、、、!」

🐰「それがなに?なぴは、るんくんが食べたいの❤️(耳元)」

🐱「(ビクッ)ふぁ、ッ❤️」

🐰「あ、効いてきたかな?」

🐱「!!???///」

🐱(なんか、身体が熱く、、、ッ❤️)

🐰「さっき、媚薬飲ませたんだよw」

🐱「びッ、、媚薬!?///」

🐰「うん。てことで、るんくんはどこのマフィアに所属してたの?」

🐱「言わないッ!///」

🐰「ふ~ん、、、」

『ビチッ』

🐱「んいっ!?///」

🐰「ふふっwムチ痛いけど気持ちいいでしょ?wるんくんがちゃんと答えてくれるまで打ち続けるからね?w」

バチンッ

🐱「ツ❤️///い、言うからぁ、やめてッ、、///」

🐰「ん、はやくしてよ?w」

🐱「○○のとこのマフィアれす、、///」

🐰「うん、いい子だね❤️」

なでなで((?

🐱「は、はひぃ、、、(ゾクッ)」

🐰「あ、もう堕ちちゃった?wじゃあなぴのことご主人様って呼んで?w」

🐱「ひゃぃッ///ご主人様ぁ、、❤️//」

🐰「よくできました❤️んじゃ、いろろ聞き出すのは明日にして今日は楽しもうね、、、❤️」

🐱「はいぃ、、///」

パンパンパンパンパンパンッ

🐱「んあッ///ご主人様、、、❤️」

🐰「ん?//」

🐱「らいしゅきれすぅ、、ッ///」

🐰「へ~、まだ大好きとしか思ってないんだ?」

🐱「ふぇっ!?///」

ズンッ

🐱「んあぁぁッッ~~~❤️❤️///」

🐰「悪い子だねぇ?ペットはご主人様のこと愛してるなきゃダメでしょ?w」

🐱「ごッごめんらしゃ、、、///愛ひてましゅぅ❤️//」

🐰「ん、そうそう///ご褒美あげなきゃね//」

パンパンパンパンパンパンゴリュゴリュッ

🐱「あッふぁッん~~~ッ❤️ご主人様ッそこはッ、、///」

🐰「前立腺コリコリしてるねぇ?w」

🐱「もっイきましゅ、、ッ///」

🐰「いいよ、たくさん出しちゃいな?❤️(耳元&低音)」

🐱「んぁ~~~~ッッ❤️////(ゾクゾクッ)」

ビュルルッ

🐰「ふふっwたくさん出たね//でもまだなぴイってないから、付き合ってね💕」

🐱「はひぃッ❤️ご主人様のためならいっぱいシましゅッ///んッ//」

一生可愛がってあげる、、、❤️

終わらせ方わかんねwwww

これでよかったんか、、、?