無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

噛み合わない話
ぉぃ…!!
こうき
こうき
なぁ!おい!大丈夫か!?
ゆき
ゆき
え!?よ、よろしく!
こうき
こうき
はぁ??いきなり倒れてびっくりしたんだけど!
こうき
こうき
なんだよ、よろしく!って!
こうき
こうき
さっき聞いたし…
ほんとよかった
…ん?
こうき
こうき
そういえば、貧血とかやめてくれよ…
まじで焦ったんだからな!
こうき
こうき
しかも外で倒れるし…
こっちだってやばかったんだからな…
こうき
こうき
ま!無事でほんとに良かった!
これからだしな!笑笑
…なんの話し??

これから?寝ぼけてるのかな?

だって私さっきまで教室にいたはずじゃ…
ゆき
ゆき
……
こうき
こうき
まだ具合悪いのか?
今日一緒に帰る??笑笑
ゆき
ゆき
え!?な、何言ってんの!
もう大丈夫だから、帰っていいよ!
さっきからほんとに何言ってんの!?

私なんか言ったっけ?

しかも外で倒れてたとか言ってなかった?

ほんとに覚えてない…
こうき
こうき
えー、早速つめたいなぁ…
まぁ、お大事に!明日な!
さ、早速つめたい??
ゆき
ゆき
待って!!
こうき
こうき
ん?どした?
ゆき
ゆき
あのさ、なんか私倒れる前何してた?
外にいたっけ…?
こうき
こうき
えー…まじ?
ゆき
ゆき
……はい?
このあと私は信じ難い事を聞いた…