無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

こちらだって言わせてもらいます!
どういう事?

なんで陽太は……。
健 先輩
健 先輩
嘘ってなんだよ。ってかいつまでもしつこい奴だなお前
陽太
陽太
僕のしつこさは伊達じゃないんで
春奈
春奈
(いや、褒めてないし)
思わず心の中で突っ込んだけど、それどころじゃない。
陽太
陽太
昨日映画館のトイレで先輩がお友達と話してた内容、僕はしっかり聞いてるんですよ
健 先輩
健 先輩
だからそれが、作り話だろって言ってんだよ
陽太
陽太
作り話かどうかは、これを見て欲しいですね
そう言いながら陽太はスマホを取り出した。
春奈
春奈
(スマホ?)
陽太
陽太
そう言われると思って動画撮ったんですよ。昨日の会話は全部、この中にあります
健 先輩
健 先輩
……!
陽太
陽太
これでもまだ言い逃れしますか?
春奈
春奈
動画って……本当なの?
あたしは陽太にそう詰め掛けたつもりだった。

だけど、あたしの言葉に反応したのは、健先輩だった。
健 先輩
健 先輩
……っだよ
春奈
春奈
……先輩?
健 先輩
健 先輩
くっそ、こんな事ならあいつらにちゃんと口止めしとくんだったよ
突然先輩の様子が変わった。

すごく冷たい話し方で、陽太を睨みつけた。
陽太
陽太
やっと、認めましたね
健 先輩
健 先輩
春奈ちゃん、ごめんね
陽太の言葉は無視して、先輩はにっこり王子様スマイルであたしと向き合った。
春奈
春奈
先輩、どういう事ですか……?
健 先輩
健 先輩
コイツの言う通り、君と付き合ったのはただの腹いせだったんだよ
春奈
春奈
じゃ、じゃあ……陽太の言ってる事は、本当なんですか……?
嘘だ。信じない。信じたくない。

それなのにーー。
健 先輩
健 先輩
ちょうど告られたから付き合ってみたんだけど、春奈ちゃんガード固いしさー
はっ?  何言って……。

先輩の口から繰り出される言葉が、上手く理解出来ない。
健 先輩
健 先輩
告られたからコイツに腹いせするついでにちょっとヤッてから別れようと思ってたけど、ヤるどころかキスすらさせてくんないじゃん?
陽太
陽太
……!
陽太は先輩の胸ぐらを掴んだ。
健 先輩
健 先輩
正直そろそろ限界だなって思ってたんだよね
陽太
陽太
ふざけんなよ、このクソ野郎!
陽太は先輩の胸ぐらを掴んだ
まま、空いた片方の手で握りこぶしを作り、先輩に殴りかかった。

けど、そのまま陽太の拳が先輩に届く事なく、逆に先輩に突き放された。
健 先輩
健 先輩
年上舐めんなよ
突き放された勢いで後方に転倒した陽太を、先輩が足蹴にしようとした、その時ーー。
陽太
陽太
……!
健 先輩
健 先輩
いっ……!!
先輩は股間を抑えて、その場に屈み込んだ。

それもそのはず、あたしは後方から先輩の股間に思いっきり蹴りを入れたからだ。
春奈
春奈
先輩こそ、年下舐めないでください
陽太
陽太
春奈ちゃん……
春奈
春奈
というか、あたしを舐めんなって感じ?
王子様だと思ってた。先輩は理想の王子様だと思ってた。
春奈
春奈
そんな事言っちゃうんならこちらだって言わせて貰いますけどね
先輩は理想の王子様なんかじゃ、全然なかった。

理想と現実は完全に違った。
春奈
春奈
お前、口くせーんだよ!
陽太
陽太
……
健 先輩
健 先輩
……はっ?
春奈
春奈
お前が思ってる以上にお前の口臭はドブ臭ーし、あんなもんキスなんか出来るか!
先輩は股間を抑えたまま、目を見開いてあたしを凝視している。
春奈
春奈
ガード固いとか勝手なことぬかしてるけど、こっちも何度もトライしてんだよ!   けど、その度に三途の川の向こうで死んだおばあちゃんが見えたくらいの毒ガス放ってる奴、誰がキスできるかっつーの!
陽太
陽太
……ぷっ
先輩は、今度は片手で口を押さえて青ざめ始めた。
春奈
春奈
それに映画館でも貧乏ゆすりうっさいし、こっちは映画に集中できなかったんだから!
なーにが王子様だ。なーにがイケメンだ。

全部理想なんかと違ったし、全部嘘だった。
春奈
春奈
お前なんかこっちから願い下げだっつーの!
健 先輩
健 先輩
……
固まったままの先輩を残して、あたしはその場を立ち去った。
春奈
春奈
(さようなら初めての彼氏。さようなら、初めてのクソ男)