無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

素直になりなよ
百合花
百合花
あっ、春奈ちゃん。先輩とはちゃんと話ができた?
春奈
春奈
うん
百合花
百合花
それで?
春奈
春奈
それで、別れた
てへっ、なんておどけた様子で言ったのに、百合花はちっとも笑わない。

笑わないどころか、あたしをがばっと抱きしめて、こう言った。
百合花
百合花
私、先輩を一発殴ってくる
春奈
春奈
ええっ!?
普段は朗らかで、おっとりしている百合花が、今まで一度も聞いた事がないような怖い物言いをした。

驚くなという方が無理な話だ。
春奈
春奈
なっ、なに急に。キャラじゃないじゃん!
百合花
百合花
だって、別れたのは陽太くんが聞いた話が原因なんでしょ?
だったら、それはやっぱり事実だったっていうことでしょ?
春奈
春奈
そ、そうだけど……
百合花がめちゃくちゃキレてる。あたしはそんな百合花を落ち着かせるように、背中をさすりながらこう言った。
春奈
春奈
大丈夫。あたしもちゃんと仕返ししてきたから
百合花
百合花
どんな?
春奈
春奈
股間蹴ったり
あたしから身体を離した百合花は、驚いた顔を向けた。

そんな表情がまた面白くて、あたしはついつい笑ってしまった。
春奈
春奈
それにずっと言えなかった事全部言ってスッキリしてきたから
口臭いこととか、貧乏ゆすりとか。
春奈
春奈
先輩はこう、もっとカッコいい理想な男子だと思ってたんだけどなぁ
たとえば、おとぎ話に出てくるような、王子様とか。
百合花
百合花
じゃあ、どういう人が春奈ちゃんの理想な人なの?
春奈
春奈
うーん、そうだね……。
たとえば、あたしが困ってたらスマートに助けに来てくれたり
百合花
百合花
うんうん
春奈
春奈
あたしの事を一番に考えてくれて、好きって気持ちをちゃんと表現してくれたり
百合花
百合花
それから?
春奈
春奈
それから……一緒にいたら安心できて、王子様みたいにカッコいい人、かな?
あとは口臭臭くなくて、貧乏ゆすりしなくて、振った元カノの想い人に逆恨みしたりしない人とか。

これはまぁイレギュラーだから言わないけど。
百合花
百合花
ねぇ、春奈ちゃん
春奈
春奈
ん?
百合花
百合花
それって全部、陽太くんでしょ?
春奈
春奈
……!
驚きすぎて、言葉も出ないとはこのこと。
百合花
百合花
春奈ちゃんそれ、全部陽太くんに当てはまってるってこと、気づいてる?
春奈
春奈
やっ、やめてよ
なんでそこで陽太が出てくる?

陽太なんてどれ一つも当てはまらないじゃん。
春奈
春奈
陽太は幼なじみだよ。あり得ないって
そう言いながら、あたしの手は思わず口元に触れた。

あたしのファーストキス。あの時のキスがあたしの唇と心に違和感を残し続けている。
百合花
百合花
春奈ちゃん。陽太くんは幼なじみの前に、男の子だよ。春奈ちゃんの好みに合う、男の子なんだよ
春奈
春奈
やめてってば、あたし達はそんなんじゃないって
そんなんじゃ……。
百合花
百合花
いつまでも幼なじみだからなんて言ってたら、いつか陽太くんは春奈ちゃんの隣からいなくなっちゃうかもしれないよ?
他の誰かに取られても、春奈ちゃんはそれでいいの?
春奈
春奈
だからーー
百合花はふーっと息を吐き出してから、こう言った。
百合花
百合花
素直になりなよ、春奈ちゃん
ーー素直に。

あたしが口を開いたと同時に、教室内には本鈴のチャイムが鳴り響いた。