無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

# う と う と た い む
「んぁっ…」
目黒「んあっ…??」
深澤「そろそろ,俺のところに来るか?!?!?!」
「ひかるくん…」
深澤「くそぉ!!!!!!!!!!!!!!!」←
岩本「へっ!!!日々の行いだな!!!」←
「んぁっ…」
目黒「寝ると企画はどうなるんすか??」
深澤「目黒に賭けることになるな‪w‪w‪w‪w」
ラウ「なら変わらないじゃん‪w‪w‪w‪w」
「ぐごぉ…」
向井「これ寝言??」
目黒「これは寝言といびきを混ぜたやつ」
(どんなやつ
「めぐろぉ…」
目黒「はぁい笑」
「ぎゅっ…」
目黒「はんっ…」
宮舘「はんっ…‪w‪w‪w‪w」
渡辺「はんっ…‪w‪w‪w‪w‪w」
すの「‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w」
目黒「なんだかんだ言って可愛いっすよね笑」
佐久間「なんだかんだ言わなくても可愛い」←
阿部「流石佐久間よくわかってる」←
目黒「目黒目黒目黒!!!目黒目黒!!!」
「目黒あなた…んふふ笑」
岩本「んはは‪w‪w‪w」
目黒「(   ・д・   ポカーン…」
深澤「しゅーりょー!!!!!!!!!!!!!!!‪w‪w‪w‪w」
宮舘「目黒だね‪w‪w‪w‪w」
目黒「あなた??あなた起きて笑」
「やだぁ…」
深澤「ふっかぽいんっ!!!あなたはクソ寝起き悪い!!!」
「んにゃっ…」
佐久間「猫がいるぞ…」
「んごぉ…」
目黒「ほら!!!起きろ!!!」
「うぅ…」
目黒「じゃあチーズハットグ俺だけたーべよ」
「やだぁ…」
目黒「起きて笑」
「おんぶ…」
目黒「俺,今日腰痛いから笑」
「ふかぁ…」
深澤「よしこいっ!!!笑」
「こーじぃ…」
深澤「なんでだよ!!!‪w‪w‪w‪w」
向井「行こうなぁ‪w‪w‪w‪w」
「コクッ…」
向井「おんぶ??」
「コクッ…」
向井「よし!!!チーズハットグ食べるぞぉ!!!」
(彼は食べられません←
目黒「眠い時が1番可愛いっすよね‪笑」
岩本「わかる笑」
「んぁっ…」
目黒「でも,多分あeeee」
(アイドルを辞めたくなさそうなので強制終了
向井「また寝たぁ‪w‪w‪w‪w‪w」
「のぉ!!!」( え
向井「えぇ?!?!?!‪w‪w‪w‪w」
「にゃ…」
向井「何??怖いわぁ…‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w」


📱「アラスカってホントあつーいあらsssss」
(着信音のくせが
「もしもしぃ…」
📱「ちょ!!!どこにおんねん!!!」
「今はねぇ…サービスエリア…」
📱「俺あなたの家行ったら誰もおらんくて!!!」
「なんで来よるん??」
📱「今日!!!誕生日やろ?!?!?!」
「そうなんかぁ…??」










「そうじゃんかよ?!?!?!はぁ?!?!?!」←
📱「お誕生日おめでとう‪w‪w‪w‪w‪w‪w」
「ありがとう‪w‪w‪w‪w‪w」






す の が 祝 っ て く れ ま せ ん で し た