無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

108
2021/06/01

第4話

あなた
....まず、さっきも言ったとおり、去年までの記憶がありません
家入
目が覚めたのは、病院でか?
あなた
はい、目が覚めたのは、つい先月の事で....1週間前に病院を退院したばかりです
あなた
そして、目が覚める前の他、小さい頃の記憶まで、曖昧で....全然覚えてません....
家入
....そうか、
あなた
多分、私は、ここで生活していたんですよね?
家入
そうだな、
あなた
憂太くんが、教えてくれました
あなた
........わかることは、これくらい....です、
家入
....そうか、....でも、あなたが無事で本当に良かったよ
家入
多分、記憶が曖昧なのは、何かしらのショックがあったのかもしれないな
あなた
....ショック....ですか?
家入
ああ、....何か、心当たりはあるか?
あなた
....分かりません....すみません、お役に立てなくてッ
家入
おい、....あなた
家入
泣いても、良いんだよ、
あなた
ッすみま、ッせんッぅ、グスッ....
家入
....辛かったな、
あなた
ッぅ、グスッ....ズッ....
家入
....なぁ、あなた、
あなた
はい、ッ
家入
記憶、取り戻したいか?
あなた
....忘れてしまったものは、忘れたままの方が、いいかもしれません....でも、
あなた
....私は、記憶を取り戻したい、そして、憂太くんに....あって、その時何があったとか、伝えたいです
家入
....そうか、こっちもできる限りの事をする、あなたも、何か、切っ掛けを探してくれ
あなた
ッはい!わかりました!ッ
あなた
お願いします、梢子さんッ!
家入
....ああ、....乙骨、もう入ってきていいぞ
憂太
....あはは、やっぱり、わかっちゃいました?
ガララ
あなた
!憂太、くん
憂太
....あなた、僕にも手伝わせてくれるかな?
あなた
うん、手伝って欲しいな....ニコッ
憂太
うん!喜んで手伝うよ?ニコッ
あなた
....あ、私は、どうすれば....
家入
そうだな、....確か、あなたの部屋は残ってたよな?
憂太
はい、物も残ってると思いますよ
家入
じゃ、ここにあるあなたの部屋を使ってくれ乙骨は、案内してくれ
憂太
はい!
家入
それと、あなた、
あなた
はい、
家入
明日から、ここに通ってくれないか?
あなた
わかりました
家入
色々、体の調子とか、見たりとか....少し、私の手伝いもしてもらってもいいか?
あなた
はい!わかりました!
家入
よし、乙骨、案内よろしく
憂太
わかりました、失礼しました
あなた
失礼しました、梢子さん、明日から、よろしくお願いしますね、ニコッ
家入
ああ、よろしく
パタン
憂太
....えっと、
あなた
....憂太くん、これから宜しく
憂太
!うん!よろしくね?あなたちゃん!
憂太
あ、ここがあなたちゃんの部屋だよ〜
憂太
もの、そのまんま残ってると思うけど....
ガチャ
あなた
あなた
確かに、私の部屋だね....
憂太
....うん、なんか、本当に1年前に戻ったみたい....
あなた
....私、記憶、戻ったらさ、憂太くんに伝えたい事、あるんだ
憂太
うん、
あなた
だからさ、それまで....待っていてくれないかな....?
憂太
....うん、いいよ、何時でも待ってるから....ゆっくりで、いいからね....?
あなた
ふふ、やっぱり、憂太くんは、優しいや....
憂太
あ、じゃ、僕ちょっと用事あるから....またね、あなたちゃん!
あなた
うん、またね!