無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

108
2021/06/01

第3話

3
憂太
と、ここだよ?
あなた
....でっっっか、
憂太
そうだね、
五条
お、憂太〜....えっと、隣の人、誰?
憂太
あ、えっとぉ....
あなた
はじめまして、奄美あなたと言います
五条
へーえ....え、?
五条
憂太、奄美って....
憂太
........
五条
え?憂太?
憂太
行こっか、奄美さん
あなた
あ、はい、
五条
え、憂太〜!!?
憂太
....えっと、家入さんのとこ、行こっか、
あなた
家入....?
憂太
あ、保健室の先生みたいな人、だよ
あなた
へー、なんで?
憂太
....あなたちゃんのこと、何かわかるかもしれないから....
あなた
へ〜そっか、....憂太くんって、優しいね
憂太
え、そうかな....
あなた
うん、優しい....多分、私は、そんな所が好きになったんだろうね
憂太
....///
憂太
あ、着いたよ....
コンコン
家入
はーい
憂太
失礼します
あなた
失礼します....
家入
!乙骨、その子....
憂太
はい、連絡した....
あなた
あ、えっと、奄美、あなたです....
あなた
訳、あって....去年の事まで何も覚えてません
家入
....無事、だったんだな....私は、家入硝子だ、よろしくなあなた
あなた
よろしくお願いします、梢子さん
憂太
....何か、わかりますか?
家入
....そうだな、....乙骨、
憂太
はい
家入
....しばらく、席を外してくれないか?
憂太
....わかり、ました....
憂太
また後でね、あなたちゃん
あなた
あ、うん....また、
ガララ
家入
....さて、どこまで覚えてるか....教えてくれるか?
あなた
....はい、私が目を冷めたのは....