無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
457
2021/02/03

第1話

染まる白
SnowMan🔞が苦手な方はお控え下さい。

SnowManのイメージキャラが崩れます。

阿部…攻め
佐久間…受け

(レイプ)

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

佐久間side



人通りが少ない路地裏
なんの用だろ?
阿部ちゃんに電話で○○に来て
って言われて…来たけど
いないじゃん!
せっかく来たのになー、、、



阿)さくまぁー!ごめんねおまたせ!!
佐)あ!!阿部ちゃん!全然!!…で、どう
したの?
阿)……
佐)阿部ちゃん?

下を向く阿部ちゃんの顔を除くと
いつもは優しい顔の阿部ちゃん……
でも今は、、なんか、怖い……。

阿)佐久間……
佐)な、何??……んっ

バッ

佐)何してんの?!
阿)うるさい。黙れ
佐)えっ……んんっ゛

阿部ちゃんは俺にキスをしてきた
そのキスは段々と深くなってくる。

佐)んんー゛
阿)んっ…好きだよ

阿部ちゃんはそう言いながらキスをやめて
俺の服を脱がせてきた。

佐)ねぇ!やめて!!
阿)うるさいな……
佐)ふぅんー!!

俺はタオルを咥えさせられ
口の自由が効かなくなり困っている間に
阿部ちゃんは俺のズボンとパンツを脱がし
俺のものを咥えようとしていた

佐)んー!!はめれぇ(やめて)!らめ!!
阿)んふふ、、、

笑みを浮かべながら俺のものを咥え
刺激を与えてくる。

佐)んっ、、あぁ゛
阿)きもひぃ?
佐)ゔぁ、、
阿)ねぇ!きもひぃい?
佐)きっひいい゛あらっ、、もう、らめっれ
阿)んっんっ、、
佐)あぁ゛

俺は刺激に耐えきれずにイッてしまった

阿)んっっ、、いっぱいでたね
佐)はぁはぁ、、ろってぇ
阿)んー、まぁ、いいよ

タオルのせいで息がしずらく
いきなり口が自由になったからなのか
空気が取り込みにくい

阿)じゃあ、いれるね?
佐)えっ?ちょっと、まって!ここ外だしそ
れにもっ、無理だから…もう、やめよ?
阿)大丈夫、ここは人そんなに通らないから
佐)いや、だとしても……んぁ
阿)んっ、、やばぁ、めっちゃ気持ちぃ
佐)あっあっ、、ねっ、、んぁ
阿)んっんっ、、沢山イッてね?

その瞬間俺の下半身に痛みが走った
見てみると俺の穴の中に
阿部ちゃんのものと玩具が入っていた

佐)あぁ゛無理っ無理無理!!
阿)んぁ、締めすぎ
佐)壊れっちゃう゛、、んぁ、イッちゃっ
阿)うわっ!めっちゃイクじゃん笑
佐)んぅ、、とまっでぇ゛
阿)あー、やばい、、イきそう……
佐)え、まっでぇ、、中はダメっ

阿部ちゃんの腰を振るスピードは上がる一方
俺は快楽が止まらず
ずっとイキっぱなし

阿)あっ、イクっ
佐)あぁ゛

そしてまた阿部ちゃんは腰を振り始めた


道路は俺と阿部ちゃんの欲で
白に染っている
いつになったら この地獄から
開放されるのか……