無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

656
2021/09/20

第14話

第十二話

神宮寺side



俺は目の前で起きてる状況が信じられなかった
永瀬廉
永瀬廉
え…

俺のスタートの合図の直後

紫狼が海人の背後に回って

海人が気付いた時には腹を殴られた
髙橋海人
髙橋海人
…ッッ!

その一瞬の出来事に誰も声が出なかった
岸優太
岸優太
…手加減した方がよかったですか?
髙橋海人
髙橋海人
…ハッ……ざけんな
岸優太
岸優太
でも、動けないですよね?

紫狼の言う通りで

海人はうずくまったまま起き上がれてなかった
岸優太
岸優太
じゃ、帰りますね
永瀬廉
永瀬廉
ちょ、待てって!

廉が紫狼の腕を掴もうとした瞬間

紫耀が止めた
平野紫耀
平野紫耀
お前……中村か?
岸優太
岸優太
ふっ笑…誰のことですか?
平野紫耀
平野紫耀
いや……なんでもない
岸優太
岸優太
もう良いですか?
ここで時間潰したくないんで
神宮寺勇太
神宮寺勇太
は、おまえふざけn
俺がアイツを殴ろうとすると廉に止められた
永瀬廉
永瀬廉
今はやめとけ(ボソッ
岸優太
岸優太
じゃ、失礼しまーす

そう言うと紫狼は夜の街に消えていった

髙橋海人
髙橋海人
ごめん…みんな
平野紫耀
平野紫耀
海人は悪くない
永瀬廉
永瀬廉
ほら、ジンも帰るで
神宮寺勇太
神宮寺勇太
…わかった









バイクに乗って家に帰った

部屋でパソコンを開いて

チームの内部情報のロックの強化と

紫狼の情報を調べた

神宮寺勇太
神宮寺勇太
はぁ、やっぱ何もないか

どれだけハッキングしても

紫狼の情報は出てこなかった
神宮寺勇太
神宮寺勇太
あ、そういえば

俺はもう1人…中村の情報を調べた

あの場で紫耀が中村の名前を出したのが気になった
神宮寺勇太
神宮寺勇太
変わりなし…か





とりあえず明日学校で直接中村と話してみるか