無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

843
2020/09/08

第27話

26*'❀
各自部屋に戻ったらしいが、私は柱の書類の仕事があるため一人部屋に来ていた。
↑こんな感じ
月影あなた
はぁ…
最近、”奴ら”が私達の倉庫がある市内をうろちょろしてる。
厳重注意しないと…
何かあってからでは遅い。
今はまだ、大丈夫だと思うけどそのうち…
コンコン
月影あなた
はい。
咲夜
咲夜
失礼します。
ガラガラガラ
月影あなた
どうしたの?咲夜。
咲夜
咲夜
これ、お飲み物と夜食です。
そう言ってお盆と共に夜食を差し出してくれる咲夜。
時計を見れば2:30になっていた。

もうそんな時間か…
月影あなた
ありがとう
咲夜
咲夜
いえ、それでは失礼します。
ガラガラガラ
咲夜はいつも私が夜中まで書類や仕事をしているとちょっとした夜食を作ってくれる。
本当に感謝している。
今日は悲鳴嶼さんの稽古か…
皆も大変だな。
あんまり夜更かししてなきゃいいけど












ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


芦戸三奈
芦戸三奈
皆〜!!枕投げ大会だ〜!!!
1-A組
1-A組
うぉぉぉぉぉぉ!!!!!
↑寝てない組
寝てる人はちゃんと寝て、起きてる人は夜更かししてたとさ( ・∇・)


男子は遊びに来たらしいよ















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



私は1-Aが4時まで夜更かししているのに気づかず、書類をずっと整理したりしていた。




















翌朝。
ジリリリリリ
ポチ
もう朝か…
皆ちゃんと寝れたかな?
起こしに行かないと。
私は朝の支度をし、自分の部屋から出て皆の所に向かった。











美夜姫
美夜姫
あなたさん起きなんしございんす
月影あなた
うん。おはよう美夜姫
美夜姫
美夜姫
どこに行くんでありんすか?
月影あなた
皆の所、起こさないといけないから。
美夜姫
美夜姫
なるほどね
美夜姫は次に「また後で」と言って去っていった。
さて、早く行かないと























コンコン
月影あなた
入るね
ガラガラガラ
案の定皆はまだ寝ていて、寝相が悪い人や寝言を言っている人がいた。
その光景に私は少し幼く見えて可愛いと思った。
月影あなた
皆起きろー!!!!!
女子軍
なっ…何事だぁ!
ガバ
私のデカい声に反応した女子達はいっせいに、布団から抜け出し戦闘体勢に入っていた。
月影あなた
おはよう。
月影あなた
朝だよ
芦戸三奈
芦戸三奈
びっ…びっくりした…
麗日お茶子
麗日お茶子
ヴィランが来たのかと思った。
月影あなた
ごめんね。
葉隠透
葉隠透
てか、まだ5:30じゃん!
水無月光莉
水無月光莉
まじ凄い眠いんだけど…←起きてた人
水無月さんはそう言って眠そうな顔で目を擦った。
耳郎響香
耳郎響香
うん。めっちゃ眠い…←起きてた人
蛙吹梅雨
蛙吹梅雨
こんなに早く起きると思わなかったわ…ケロ←起きてた人
こりゃ、皆夜更かししたな…
1人を覗いて。
八百万百
八百万百
皆さん何時まで起きてらっしゃったの?
女子軍
4:30
えっ…やばない?
という事は1時間しか寝てないのか。
寝かしてあげたいところだけど、稽古に遅刻するし寝かせられないや。
月影あなた
まぁ、とりあえず朝ご飯食べに行くよ
女子軍
はぁ〜い。
私は眠そうな皆を放っておいて、テキパキ動くよう指示した。




























































next.*'❀