無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

私とるぅとくんは、デスゲームが始まった部屋を
しっかりと調べることにしました。
ななもり。
遠井さん…ジェルくんにくっついてる…
あ〜嫌になっちゃうなw
抜けがけはさせないようにしなきゃ
ななもりくんは、ジェルくん達を探しに
部屋を出ていってしまいました。
るぅと
この部屋に入った時には、
もうすでに8つの椅子が
用意されていました。
どうして僕たちが、8人だってことが
わかったのでしょうか
あなた

犯人は、廃墟に入る私たちを見ていた。
だから8人って分かったとか?
悪魔のしわざじゃないのかも…

るぅと
……犯人は人間ではないと思います
だって、この部屋に入ってから
急に頭が痛くなり、
目の前が真っ暗になっていました。

そして、みんなが同時に
目を覚ました時には
仮面を被っていて、手は動かないよう
固定されていました。

こんなこと、
どんなトリックを使っても
人間には無理です。
あなた

………やっぱり悪魔か……
るぅとくん、デスゲームのここ。

※別ゲームを提案した場合に限り、
 現状のデスゲームの条件は解除される

これって、どういう意味かな?…

るぅと
そうか!
悪魔にこちらから、
別ゲームを提案することが
できるんですね!
そうすれば、

参加者の中から、生贄を1人決める

っていう、ルールはなくなるって
ことです!
あなた

生贄を決めなくてもいい!
でも、それで負けたら、
全員がゲームオーバーね…









--------キリトリ線--------
〜選択問題〜


…別ゲームを考えなきゃ!
→②へ進む


…あ、ななもりくんが気になる!
→④へ進む


…まだ、誰も探していない!
さとみくんたちを探さなきゃ!
→⑤へ進む