無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

るぅと
悪魔に勝つなんて、そうカンタンに
上手く行くでしょうか?
モシカシテ、
これも悪魔のたくらみでしょうか?
あなた

でも、やっぱり、生贄を決めるなんて
おかしいよ!
誰かを犠牲にするなんて絶対だめ!
きっとわざとケンカをさせて
今この状況を見て1人
楽しんでいるんだよ!

るぅと
そうですね…
冷静にみんなで考えれば
「別ゲームの提案」という形には、
すぐにたどり着くはずです。
あなた

みんなにも、
別ゲームの提案に協力して
もらわないとね…
…悪魔の弱点…

私は、なにか困った時に握りしめる、
お母さんから貰ったお守りを出そうと
ポケットに手を入れました…
でも何故か、お守りがないのです

私は周りを見渡しましたが、
どこにもありません。
あなた

(どうしよう…)

わたしが、泣き出しそうになっていると
ころんくんがゆっくりと、
椅子から立ち上がり
ころん
もしかして…たいせつなこのお守りを
探しているのかな?
はい、これ。床に落ちてたよ!
僕の手当てをしてくれた時に
落としたんじゃないかな?
--------キリトリ線--------
次は強制〜

④へ進んでください